メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三権分立

関連キーワード

  • 中国の刑事司法制度と弁護士(2015年05月05日 朝刊)

    中国は三権分立制を採用せず、司法機関のトップにも共産党員がつく。警察にあたる公安が捜査をした上で、検察官が起訴し、裁判で有罪を立証する検察官と、被告を弁護する弁護士が対抗する点では日本と似ている。裁判は二審制。以前は裁判官・検察官と、弁護士の試験は別に行われていたが、2002年からは司法試験として一本化された。14年末時点で、弁護士は約27万人。日本は「弁護士自治」の原則から懲戒などの処分を弁護士会が担うが、中国の弁護士は司法当局の監督下にあり、資格取り消しも当局の判断だ。

  • 08憲章(2010年10月09日 朝刊)

    世界人権宣言の採択60周年を機に、2008年12月10日付でインターネット上で発表された。中国共産党の一党独裁を終わらせ、三権分立を保障する民主的憲政の下で、中華連邦共和国の樹立を主張した。当初、著名な作家や人権活動家ら303人が署名。その後署名者が増え、今月4日時点で約1万2千人に達している。憲章は共産党独裁の現状を「党の天下」と批判。「明君」(英明な君主)や「清官」(清廉な役人)に頼る臣民意識を捨てるよう訴えた。

  • 宗法(2011年02月04日 朝刊)

    終戦翌年の1946年に発布された教団の「憲没。組織を宗会(立頬、総局(行政)、監正局(司頬の三権分立型とし、宗会(国会)の議員を全国31教区から選ぶと定める。宗祖・親鸞からの世襲で象徴的地位とされる教団トップの門主が指名する候補者から、宗会が総長(首相)を選出。総長が「内閣」にあたる総局を組織し、教団運営にあたる。

最新ニュース

写真・図版

「建前民主主義」に後退した日本 G7の資格はあるか(2021/7/9)有料会員記事

■新井紀子のメディア私評 米ソの緊張が高まり、核戦争寸前に至った1962年「キューバ危機」のさなかに、私はこの世に生を受けた。人類存亡の危機のなか、そんなことを知る由もない私自身は、黄疸(おうだん)で…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】密避け楽しむ庭園ライブ

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&w】試行錯誤を重ねた鯛めし

    京都の出汁専門店とコラボ

  • 写真

    【&Travel】大空に込めた思いは

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】現代美術家を虜に!

    NY「2番街」の注目文化施設6選

  • 写真

    【&w】おうちで作る、簡単よだれ鶏

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日「月夜の森の梟」の魅力探る

    小池真理子の人気エッセー紹介

  • 写真

    論座パラリンピック真のレガシー

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネストリップの相棒に。

    ラルディーニのジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully黒谷友香さんの美脚の秘訣

    素敵に年齢を重ねる体のケア

  • 写真

    GLOBE+古都ベオグラードが刻む歴史

    大国の興亡、NATOの空爆

  • 写真

    sippo散歩を知らない元繁殖犬

    甘えん坊な末っ子として暮らす

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ