メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

上野駅

関連キーワード

  • 拉致被害者と特定失踪者(2014年09月01日 朝刊)

    日本政府が認定した「拉致被害者」は全国に17人。県内では、1978年に日置市の吹上浜で連れ去られた市川修一さん(失踪当時23)と増元るみ子さん(同24)の2人だ。これと別に、民間団体「特定失踪者問題調査会」が拉致の可能性を調べている「特定失踪者」は全国に約470人いる。県関係者は11人で、このうち園田さん夫婦、田中正道さん、66年に東京・上野駅での目撃を最後に消息を絶った日高信夫さん(同21)の4人について「拉致の可能性が濃厚」としている。今回の再調査は、拉致被害者に加え、特定失踪者も対象となった。

  • 東京駅延伸計画(2007年10月05日 朝刊)

    上野駅が発着点の常磐、東北、高崎各線を東京駅まで延ばすことで、東海道線との相互乗り入れを可能にするJR東日本の事業。総事業費約300億円。水戸—東京駅間(特急利用)が86分から77分に短縮され、上野駅—御徒町間の山手、京浜東北線の混雑率も210%台(06年度)から、新聞が読める程度の180%以下に緩和される。

最新ニュース

写真・図版

三重)伊賀線の記憶と味わうアイスコーヒー 伊賀鉄販売(2020/8/6)会員記事

 伊賀鉄道(三重県伊賀市)は、夏季限定の水出しタイプのアイスコーヒーを、忍者市駅の愛称がある上野市駅で売り出した。良質な甘みと柔らかい苦みが特徴で、袋には伊賀線をかつて走った車両をデザインした。鉄道カ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ