メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

下水処理場

関連キーワード

  • バイオガス(2009年08月05日 朝刊)

    下水処理場の汚泥や生ゴミなどを発酵させて作る。主成分はメタン。7月1日に「エネルギー供給構造高度化没が成立、一定の規模以上のガス会社は2年以内にバイオガスの利用が義務づけられる。バイオガスは燃やしても、動植物が成長の過程で取り込んだ二酸化炭素を再び放出するだけなので、環境に優しいとされる。電力会社にはすでに、太陽光や風力など自然エネルギーによる電気の利用拡大を義務づける制度がある。

  • 放射能に汚染された廃棄物の処分(2012年09月19日 朝刊)

    放射性セシウムの濃度が1キロ当たり8千ベクレルを超える廃棄物は、法律に基づく「指定廃棄物」として、国の責任で捨て場所を確保するルール。ごみの焼却灰や下水処理場の汚泥、稲わらが中心で、濃縮されたセシウムを含む。指定廃棄物は8月初旬時点で9都県で約4万3千トン発生。福島を除く8都県では、発生分をすべて域内で処分する。このうち宮城、茨城、栃木、千葉、群馬の5県は既存の処分場では足りず、環境省が国有地に1カ所ずつ最終処分場をつくる方針。調整が遅れた群馬を除く4県には9月中に候補地を示した後、来夏に造成工事を始め、14年夏から廃棄物を搬入する計画だ。

  • 下水汚泥(2014年07月30日 夕刊)

    下水処理場は、国内に約2200カ所。赤潮の原因となる窒素やリンを取り除くには高度処理が必要で、この過程で泥状の汚泥が生まれる。これまで大半は焼却して埋め立ててきたが、セメントや肥料としての再利用、バイオガス、重金属の取り出しなどの取り組みが本格化している。

最新ニュース

写真・図版

深さ40メートルの地下も見学 3月5日に(2022/1/17)

 洪水のときに雨水を流す巨大な地下河川などを見学できる「寝屋川流域を巡るウォークイベント」が3月5日にあり、参加者を募集している。 寝屋川流域の自治体と府でつくる寝屋川流域協議会が、治水などの取り組み…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】せり鍋、赤貝…冬の美味集結

    宮城県名取市閖上の旅

  • 写真

    【&w】ブリのソテー ハーブサルサ

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&Travel】現代作家のうつわに出会う旅

    暮らしに寄り添う作品〈PR〉

  • 写真

    【&M】ベース車として魅力的に進化

    「「ハイゼット カーゴ」

  • 写真

    【&w】野村友里さん×UAさん対談

    年を重ねた今が楽しい

  • 写真

    好書好日 千葉郊外の吟行に参加したら

    フルポン村上の俳句修行

  • 写真

    論座正論が受け入れられない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン春のメンズシャツを選ぶ

    コーデのポイントとは?

  • 写真

    Aging Gracefully様々な地域での体験を学びに

    ワーケーションを体験<PR>

  • 写真

    GLOBE+接種4回目はリスク?

    EU担当者、欧州各国に警告

  • 写真

    sippo猫が飼い主を急に激しく攻撃

    原因は色々、動物病院へ相談を

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ