メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不信任決議

関連キーワード

  • 内閣不信任決議案と首相問責決議案(2012年08月04日 朝刊)

    内閣不信任決議案は衆院議員51人以上の賛同者があれば提出でき、最優先で採決される。憲法の規定で、可決すれば首相は衆院を解散するか、内閣総辞職しなければならない。首相に対する問責決議案は憲法上の規定はない。11人以上の賛同者があれば参院に提出できるが、参院議院運営委員会で認められない場合は採決されないケースもある。可決しても法的な拘束力はなく、福田康夫、麻生太郎の両元首相は可決後すぐには辞任しなかった。ただ、福田氏は3カ月後に退陣、麻生氏は1週間後に衆院を解散した。

  • 阿久根市長と市職労(2009年06月12日 朝刊)

    竹原市長が2月、市職員の給与明細をネットで公開し、「年収700万円以上の職員が54%は我慢の限度を超える」などと「高給」批判をした。4月には「時間切れ」を理由に、団交がまとまらないまま給与カットを断行し、市議会も認めた。市議会の不信任決議による失職直前には、各課窓口に人件費を張り出させたが、直後に何者かにはがされた。出直し市長選では、公約に「自治労事務所を市役所から追放します」と明記。市と事務所は使用料を全額免除する契約を長年結び、昨年3月までは電気、水道料も免除されていた。

  • 議会と首長の関係(2011年04月15日 朝刊)

    地方自治体の首長は、予算執行権という大きな権限を持つが、予算は議会で可決されなければ執行できない。議会が首長の不信任決議を可決した場合、首長は辞任するか、議会を解散することができる。解散、選挙後の議会で再度不信任決議を可決されると首長は失職する。一方、有権者は一定の署名を集め、住民投票で認められれば首長の解職や議会の解散ができる。

最新ニュース

(取材考記)大阪・池田「サウナ持ち込み市長」不信任案 方針一転の否決劇、市民を置き去り 細見卓司(2021/5/14)会員記事

 大阪府池田市の冨田裕樹市長が家庭用サウナを市役所に持ち込むなどした問題を取材してきた。市長の資質が問われたのに加え、市議会でも市長不信任決議案が公明党などの突然の反対で否決されて混乱。市民にも取材す…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】<PR>

    父の日に贈りたい、素敵な装い

  • 写真

    【&TRAVEL】クジラの魅力を間近で体感!

    奄美大島南部の旅

  • 写真

    【&M】品のいいスタイリング

    ランチア・プリズマ

  • 写真

    【&w】知る人ぞ知る本好きの隠れ家

    book cafe 「草径庵」

  • 写真

    好書好日大草原の小さな家のケーキ

    ローラたちも食べた味を再現

  • 写真

    論座看護師派遣要請に反対

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン新時代に武器になる美容

    発信力に差をつけるリップケア

  • 写真

    Aging Gracefully自分のためのおしゃれ

    楽ちん&着映えを両立

  • 写真

    GLOBE+eスポーツが正式な部活に

    先進の地アメリカの実情

  • 写真

    sippo食い意地王子、猫「エンマ」

    鍋ごとガス台から落とす

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ