メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不動産取得税

関連キーワード

  • 原発避難者向け不動産取得税の特例の件数(2014年04月16日 朝刊)

    土地、家屋で各1件と数える。土地付き一戸建て住宅なら計2件、借地上の戸建てやマンションは1件。避難者が取得した住宅の棟数とは異なる。一方、省エネやバリアフリーの機能が高い住宅を取得した人は、避難者に限らず誰でも不動産取得税が軽減される特例もある。後者だけで税額がゼロになる避難者もいるため、避難先での実際の住宅取得件数はさらに膨らむ。

  • 原発避難者向け不動産取得税の特例(2016年02月21日 朝刊)

    土地、家屋で各1件と数える。土地付き一戸建て住宅なら計2件。避難者が取得した住宅の棟数とは異なる。一方、省エネやバリアフリーの機能が高い住宅を取得すれば誰でも不動産取得税が軽くなる特例もある。この特例を利用し、原発避難者向けの特例を使わない避難者もいる。

  • 200年住宅(2008年12月10日 朝刊)

    自民党の住宅土地調査会長を務めた福田前首相が提唱し、いいものを長く大切に使う「ストック型社会」への転換を理念にした政策。安全な暮らしや住宅取得に伴う国民負担の縮減、住宅関連の産業廃棄物の削減などのメリットをうたう。11月に成立した「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」は、登録免許税や不動産取得税、固定資産税の軽減、超長期住宅ローンなどの優遇措置が柱。

最新ニュース

(取材考記)高齢社会でゆがみ・地価連動、税収減も 固定資産税、現状に合った制度を 松浦新(2021/6/17)会員記事

 このページの「現場へ!」の連載で固定資産税についてお伝えした。 この税制は土地、建物などを市町村が評価して所有者に毎年請求する。市町村税収の4割以上を占める。 日本の地価は大きな傾向として、都市部で…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ