メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不妊治療

最新ニュース

生殖医療の拠点、岡山大病院が開設 先進医療を包括提供(2018/10/16)

 岡山大病院は10月、生殖医療に特化した「リプロダクションセンター」を院内に開いた。不妊治療、受精卵の操作技術、母子支援など、幅広い分野をワンストップの窓口に集約して、先進医療を包括的に提供できる体制…[続きを読む]

関連キーワード

  • 不妊治療(2016年01月31日 朝刊)

    不妊原因がはっきりしない場合、一般的には、排卵に合わせ性交日を決める「タイミング没や精液を濃縮し子宮に注入する「人工授精」など段階的に進められ、「体外受精」へ移る。体外受精と、顕微鏡で見ながら卵子に精子を注入する「顕微授精」は「特定不妊治療」と呼ばれ国の助成対象となる。「着床前診断」とは異なり、受精卵の全ての遺伝子や染色体を調べて子宮に戻す「着床前スクリーニング」は近く臨床試験が始まる。受精卵のどれを戻すのかは「命の選別」につながるのではと議論もある。

  • 特定不妊治療(2015年09月27日 朝刊)

    卵子と精子を人工的に受精させる体外受精と顕微授精を指す。治療法は、受精卵が分裂してできた胚(はい)を採卵後すぐに子宮に移す「新鮮胚移植」、胚を凍結して子宮の状態が良いときに移す「凍結胚移植」に分かれる。通常、採取した精液を子宮に注入する人工授精などを複数回試みた後に行う。日本産科婦人科学会によると、治療件数は1985年の1195件から13年は約36万9千件に。特定不妊治療で生まれた子は約4万3千人にのぼる。

  • 主な不妊治療(2016年08月04日 朝刊)

    (1)精子を子宮内に注入する人工授精(2)体外で卵子と精子を受精させ、子宮内に戻す体外受精(3)顕微操作で体外受精させる顕微授精などがある。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】手軽においしく自宅で焼き鳥

    煙がでないでヘルシーに焼ける

  • 写真

    【&TRAVEL】北アルプスの紅葉見る新名所

    焼きたてパンも楽しめる

  • 写真

    【&M】WEC富士6時間耐久レース

    写真で振り返る

  • 写真

    【&w】adidasのオシャレなRUNギア

    運動のある過ごし方

  • 写真

    好書好日韓国で大ヒット「あめだま」

    絵本作家ペク・ヒナさんにきく

  • 写真

    WEBRONZA拡大するタックス・ギャップ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン超濃厚なのにヘルシースープ

    新感覚の鶏ポタラーメン

  • 写真

    T JAPANチャリティオークション開催

    水晶玉子の個人鑑定も!

  • 写真

    GLOBE+打った、走った…そっち?

    フィンランド生まれのスポーツ

  • 写真

    sippo広がる地域猫活動、模索続く

    猫嫌いな住民へ説明も必要

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ