メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不妊治療

最新ニュース

写真・図版

コロナ禍で広がる多様な働き方 親の世話、単身赴任の解消も(2022/1/28)

 長引くコロナ禍をきっかけにテレワークが定着しつつある中、新たな働き方を採り入れる企業が増えつつあります。地方に住む親の面倒をみるために、今の仕事を続けることができないといった、「介護離職」の問題など…[続きを読む]

関連キーワード

  • 不妊治療(2016年01月31日 朝刊)

    不妊原因がはっきりしない場合、一般的には、排卵に合わせ性交日を決める「タイミング没や精液を濃縮し子宮に注入する「人工授精」など段階的に進められ、「体外受精」へ移る。体外受精と、顕微鏡で見ながら卵子に精子を注入する「顕微授精」は「特定不妊治療」と呼ばれ国の助成対象となる。「着床前診断」とは異なり、受精卵の全ての遺伝子や染色体を調べて子宮に戻す「着床前スクリーニング」は近く臨床試験が始まる。受精卵のどれを戻すのかは「命の選別」につながるのではと議論もある。

  • 特定不妊治療(2015年09月27日 朝刊)

    卵子と精子を人工的に受精させる体外受精と顕微授精を指す。治療法は、受精卵が分裂してできた胚(はい)を採卵後すぐに子宮に移す「新鮮胚移植」、胚を凍結して子宮の状態が良いときに移す「凍結胚移植」に分かれる。通常、採取した精液を子宮に注入する人工授精などを複数回試みた後に行う。日本産科婦人科学会によると、治療件数は1985年の1195件から13年は約36万9千件に。特定不妊治療で生まれた子は約4万3千人にのぼる。

  • 主な不妊治療(2016年08月04日 朝刊)

    (1)精子を子宮内に注入する人工授精(2)体外で卵子と精子を受精させ、子宮内に戻す体外受精(3)顕微操作で体外受精させる顕微授精などがある。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】40年の人生を駆け抜けた姉

    花のない花屋

  • 写真

    【&M】フレッシュなスパイス感

    口福のカレー 新宿の名店

  • 写真

    【&Travel】パフェが積み上がるライブ感

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】フリー・デザイナーの先駆者

    日野やプリンスも手がける

  • 写真

    【&w】26歳の双子、人生の交差点

    東京の台所

  • 写真

    好書好日本屋大賞候補で注目の作品は

    「六人の嘘つきな大学生」評

  • 写真

    論座「聞く力」岸田首相の術中

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこの人から買いたいこの一品 

    極上の着心地を提供する肌着

  • 写真

    Aging Gracefully大切なパートナーの体の悩み

    互いに知っておくことが需要

  • 写真

    GLOBE+綿あめ機からマスク製造

    祖国救う沖縄のインド人学者

  • 写真

    sippo体の弱い先住犬と元気な後輩

    前途多難な多頭飼育に罪悪感

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ