メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不定期刑

関連キーワード

  • 不定期刑(2012年07月25日 朝刊)

    あらかじめ刑期を定めずに言い渡す刑。少年法では、発達途上の少年が、教育などで刑の途中で立ち直る可能性を踏まえて、成人よりも量刑に特別な配慮がなされており、有期刑では最長でも、短期で5年、長期で10年の範囲で量刑を科すことになっている。

  • 桜井市の同級生殺害事件(2011年05月07日 朝刊)

    判決によると、少年は2009年7月4日午前8時ごろ、登校中の浜田さんを近鉄桜井駅のホームで待ち伏せ、自宅近くのホームセンターで購入した包丁(刃渡り約16センチ)で腹や胸などを数回刺して殺害した。奈良地裁は昨年11月、求刑通りの懲役5年以上10年以下の不定期刑判決を言い渡し、検殺少年側の双方が控訴せずに刑が確定した。

  • 亀岡暴走事故(2014年06月24日 朝刊)

    2012年4月23日朝、亀岡市の通学路で、無免許の元少年が運転する軽乗用車が集団登校中の市立安詳(あんしょう)小の児童ら10人の列に突っ込み、小谷真緒さん(当時7)と横山奈緒さん(当時8)、妊婦の松村幸姫さん(当時26)が死亡、7人が重軽傷を負った。元少年は自動車運転過失致死傷などの罪で懲役5〜9年の不定期刑が確定。同乗者の1人と車の所有者にも有罪判決が言い渡された。横山さんの遺族も昨年11月、元少年と車の所有者らを相手取り、1億円の損害賠償を求める訴えを京都地裁に起こした。

最新ニュース

写真・図版

「2回目は父を死なせる」 少年が畏怖を殺意に変えた日(2019/5/2)有料会員限定記事

■きょうも傍聴席にいます。 昨年1月、横浜市の自宅で男性(当時44)が、胸を複数回刺されて死亡する事件が起きた。殺人罪に問われたのは、息子の少年(19)。今年2月6日、横浜地裁であった初公判で少年は「…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ