メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不法投棄

関連キーワード

  • 豊島の産業廃棄物不法投棄事件(2010年11月09日 朝刊)

    1980年代、香川県土庄町・豊島の西端に島の産廃処理業者が廃材や廃油、ダイオキシンなどを含む汚泥などを不法投棄し土壌・水質汚染が深刻化。投棄量は国内最大級の計約66万8千トン(推計)に及び、兵庫県警が廃棄物処理法違反容疑で逮捕した業者が有罪判決を受けた。地元住民らが県や業者を相手に公害調停を申請し2000年に成立した。県は03年から無害化処理を始めた。

  • 青森・岩手県境の産廃不法投棄問題(2014年01月08日 朝刊)

    青森県八戸市に本社を置く産廃処理業者「三栄化学工業」(解散)が埼玉県の「懸南衛生」(破産)と共謀し、田子町と二戸市にまたがる原野に廃プラスチックやセメント固形物、鶏のふん、医療廃棄物などを埋めるなどしていた国内最大規模の不法投棄問題。1990年代に発覚し、範囲は阪神甲子園球場7個分にあたる約27ヘクタールに及んだ。廃棄物と汚染土壌を合わせた推定総重量は青森側(11ヘクタール)が約115万トン、岩手側(16ヘクタール)が約50万トンに上る。

  • 豊島(てしま)産廃不法投棄事件(2017年08月21日 朝刊)

    瀬戸内海の豊島で1980年代、産廃処理業者が車の破砕ごみや廃油などを大量に不法投棄した事件。兵庫県警が90年に強制捜査に乗り出すまで投棄は続いた。住民と香川県が93年に国に申し立てた公害調停は、2000年に成立。不法投棄された91万2373トンの産廃は今年3月までに豊島から運び出され、搬出された産廃を高温で焼却する無害化処理も6月に終わった。事件後、廃棄物処理法の改正が重ねられ、排出事業者にも処理に責任を持たせ、不適切な処理をした業者への罰則も強化された。

最新ニュース

写真・図版

埼玉)廃プラスチック問題 どうすれば(2019/7/6)有料記事

 埼玉県蓮田市の主婦、大前万寿美さん(60)の台所には瓶が所狭しと並ぶ。しょうゆに酢、ソース、みりん……。空になれば洗い、購入先の生活クラブ生協に返し、再利用される。「瓶は少し重いがプラスチック容器は…[続きを読む]

不法投棄をコトバンクで調べる

  • 世界大百科事典 第2版の解説

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】「一生の仕事」のみつけかた

    鎌田由美子×川島蓉子〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】西オーストラリアの動植物

    珍しい姿形の写真も<PR>

  • 写真

    【&M】オーケストラを応援する理由

    ナガオカケンメイさん

  • 写真

    【&w】子どもと一緒に読んで作って

    レシピ本『おいしいおはなし』

  • 写真

    好書好日くだらなくて崇高な短編集

    平山夢明の新刊「あむんぜん」

  • 写真

    論座代表チームは国籍を超えて

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン老舗ショップがリニューアル

    ポール・スチュアート

  • 写真

    T JAPAN連載・歌舞伎への扉 第5回

    坂東新悟さんインタビュー

  • 写真

    GLOBE+古民家、ピンクに塗ってみた

    新潟で奮闘するドイツ人

  • 写真

    sippo愛犬734匹がパトロール

    子ども狙った事件防止に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ