メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不良債権

関連キーワード

  • 旧長銀の破綻と責任追及(2008年07月19日 朝刊)

    戦後の産業金融を支えた長銀は、バブル期の過剰融資などで多額の不良債権を抱え、98年10月に金融再生法の適用第1号として一時国有化された。資産24兆円の大規模銀行の破綻は世界でも例がなく、巨額の公的資金が投入された。金融再生法は、国有化された銀行の旧経営陣について刑事、民事での責任追及を求めており、長銀の旧経営陣も両面から責任が問われた。

  • 貯蓄貸付組合(S&L)(2008年09月26日 夕刊)

    個人の預金を集め、主に住宅ローンを手がける米国の中小金融機関。規制緩和の波に乗って業務を拡大したが、80年代後半に倒産が続出した。米政府は破綻処理のため整理信託公社を設立、不良債権を買い取り、95年末ごろまで担保物件の売却や貸付金回収などを進めた。約1300億ドルの公的資金を投じた。

  • サービサー法(2008年11月26日 夕刊)

    メガバンクの不良債権が問題化していた98年、議員立法で成立した。弁護士だけに認められていた債権回収の代行業務が、資本金など一定の要件を満たした「債権回収会社(サービサー)」に特例として認められるようになった。無許可で代行業務を行った場合、懲役3年以下または罰金300万円以下が科される。法務省によると6月現在、許可を得て営業しているサービサーは全国各地で100社ある。

最新ニュース

西川善文『仕事と人生』 危機への対処に経験にじむ(2021/5/25)

 バブル崩壊後の経済の荒波に処した銀行経営者の中で、今後も名前が残るのは、やはり、西川善文氏だろう。住友銀行を率いて不良債権処理を進め、三井住友フィナンシャルグループに至る経営統合を実現した。 順風ば…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】浅草と餃子が人生を変えた

    東京の台所2

  • 写真

    【&M】「ヤマトは全てが名場面」

    憧れたデスラー演じる山寺宏一

  • 写真

    【&Travel】3回鳴らすと願いがかなう鐘

    魅せられて 必見のヨーロッパ

  • 写真

    【&M】白飯をキャンプで楽しもう!

    「炊飯ツール」の基礎知識

  • 写真

    【&w】おいしい鮮魚やお惣菜を販売

    コロナ禍でもおいしいものを

  • 写真

    好書好日伊藤沙莉さんが描く家族

    初のフォトエッセイ本を刊行

  • 写真

    論座平井大臣の発言を看過するな

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン蒸し暑い夏にオススメの一着

    機能性Tシャツ(其の1)

  • 写真

    Aging Gracefullyマスク焼けにご注意を

    紫外線量は年々増加傾向に

  • 写真

    GLOBE+再生エネルギーは高い?

    日本の常識、世界の非常識

  • 写真

    sippo米でフォスターボラに挑戦

    個性豊かな犬達から学んだこと

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ