メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不起訴処分

不起訴処分をコトバンクで調べる

最新ニュース

写真・図版

被害者の謝罪行為「深く反省」 NGT48暴行問題、運営会社会見(2019/1/19)有料記事

 新潟のアイドルグループNGT48の山口真帆さん(23)の自宅に押しかけるなどしたとして男2人が逮捕された問題で、グループの運営会社「AKS」(東京)の松村匠取締役、早川麻依子・新NGT48劇場支配人…[続きを読む]

関連キーワード

  • 大和郡山市の警官発砲事件(2012年01月24日 朝刊)

    2003年9月10日午後6時45分ごろ、車上狙い事件を捜査していた県警の警察官が、高さんらが乗っていた車両をパトカーで約20キロにわたって追跡。車がパトカーや一般の車にぶつかって逃げようとしたため、警察官1人が発砲を指示し、3人が計8発を発砲。A、B両被告が撃ったうちの2発が助手席にいた高さんの頭と首に、A被告の1発が運転席の男性の頭にそれぞれ当たり、高さんは25日後に死亡した。男性は窃盗罪などで懲役6年の有罪判決を受け、すでに刑期を終えた。高さんは窃盗などの容疑で書類送検され、被疑者死亡で不起訴処分となった。

  • 検察審査会(2010年04月26日 夕刊)

    くじで選ばれた11人の市民の目で、検察官の不起訴処分が妥当だったかを審査する仕組み。11人中6人以上が「不起訴で正しい」と判断すれば「不起訴相当」の議決をする。6人以上が「この程度の捜査では納得できない」と判断すれば「不起訴不当」となる。さらに、11人のうち8人以上が「起訴するべきだ」と判断した場合は「起訴相当」という議決を出す。審査会が「起訴相当」の議決を出した場合には、検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するか判断する。起訴しなかった場合は、再び審査会がメンバーを変えて審査。改めて11人中8人以上が起訴を求める「起訴議決」をした場合は、その容疑者は必ず起訴される。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】買い時は今!

    高機能ルンバがお手頃価格に!

  • 写真

    【&TRAVEL】東京湾でオニカサゴをゲット

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】新型スープラついにお披露目

    “揺れる”北米自動車ショー開幕

  • 写真

    【&w】銀座カリーのコラボ商品

    「銀座めぐるめ」初開催

  • 写真

    好書好日ピンクチラシが映す街の歴史

    北区赤羽のコレクターが語る

  • 写真

    WEBRONZA韓日の葛藤。その行く先は?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン接待にもオススメの名店

    ワンランク上のぜいたく空間

  • 写真

    T JAPAN連載・おやじのおやつ 第2回

    パチャママのポップコーンほか

  • 写真

    GLOBE+いないから、あこがれる?

    アメリカで売れる王室専門誌

  • 写真

    sippo書店街の路地に生きた猫

    ひっそり愛され25年

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ