メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不起訴処分

最新ニュース

写真・図版

子どもの車内放置、3割弱「経験あり」 エアコン停止15分で危険に(2022/7/1)

 スーパーやパチンコ店、自宅の駐車場で子どもが車内に放置されるケースが、今年も千葉県内で相次いでいる。特に夏場には命に関わる事故につながりかねないとして、千葉県警少年課は30日、パチンコ店が加盟する県…[続きを読む]

関連キーワード

  • 大和郡山市の警官発砲事件(2012年01月24日 朝刊)

    2003年9月10日午後6時45分ごろ、車上狙い事件を捜査していた県警の警察官が、高さんらが乗っていた車両をパトカーで約20キロにわたって追跡。車がパトカーや一般の車にぶつかって逃げようとしたため、警察官1人が発砲を指示し、3人が計8発を発砲。A、B両被告が撃ったうちの2発が助手席にいた高さんの頭と首に、A被告の1発が運転席の男性の頭にそれぞれ当たり、高さんは25日後に死亡した。男性は窃盗罪などで懲役6年の有罪判決を受け、すでに刑期を終えた。高さんは窃盗などの容疑で書類送検され、被疑者死亡で不起訴処分となった。

  • 検察審査会(2010年04月26日 夕刊)

    くじで選ばれた11人の市民の目で、検察官の不起訴処分が妥当だったかを審査する仕組み。11人中6人以上が「不起訴で正しい」と判断すれば「不起訴相当」の議決をする。6人以上が「この程度の捜査では納得できない」と判断すれば「不起訴不当」となる。さらに、11人のうち8人以上が「起訴するべきだ」と判断した場合は「起訴相当」という議決を出す。審査会が「起訴相当」の議決を出した場合には、検察官はその事件を再捜査し、3カ月以内に起訴するか判断する。起訴しなかった場合は、再び審査会がメンバーを変えて審査。改めて11人中8人以上が起訴を求める「起訴議決」をした場合は、その容疑者は必ず起訴される。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】仏料理シェフのパン焼き小屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    【&M】新型「ポロ」に試乗

    使い勝手の良さと力強い走り

  • 写真

    【&Travel】東京の「いま」を安心して

    旅してみませんか<PR>

  • 写真

    【&M】家族が快適に過ごすには?

    アイデアが詰まったバンコン

  • 写真

    【&w】カラフルな部屋“旅する”家

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日内野聖陽が語る鋼の錬金術師

    「今の時代にビビっとハマる」

  • 写真

    論座漂流キャスター日誌

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンファッションビジネスの未来

    ヘルノCEOが語る戦略とは?

  • 写真

    Aging GracefullySHOW-YA寺田恵子さん

    「歌うことは、今生の天命」

  • 写真

    GLOBE+「天井のない監獄」

    ガザ地区はどんなところ?

  • 写真

    sippo足取りは力強く確かなものに

    3頭の盲導犬とともに歩む人生

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ