メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月10日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

不起訴

関連キーワード

  • 菅家さん不起訴の別事件(2009年11月13日 朝刊)

    足利市では、90年の足利事件のほか、79年と84年にも女児殺害事件が起き、いずれも未解決だ。79年の事件は女児(当時5)が行方不明になり、6日後に近くの河川敷で遺体で見つかった。84年の事件は行方不明になった女児(当時5)が1年4カ月後に近くの畑で遺体で見つかった。菅家さんはこの2事件も「自白」したとされるが、いずれも不起訴になった。10月5日に菅家さん側に開示された録音テープは、ほとんどがこの2事件に関する取り調べが占めているとされる。

  • 不起訴不当(2010年04月29日 朝刊)

    検察審査会が「不起訴不当」と議決すると、検察は議決を参考にして、改めて起訴または不起訴を決めなければならない。昨年5月の改正検察審査会法により、同じ事件で2度「起訴相当」の議決が出たときは容疑者は自動的に起訴されるようになったが、「不起訴不当」に検察への拘束力はない。

  • 大和郡山市の警官発砲事件(2012年01月24日 朝刊)

    2003年9月10日午後6時45分ごろ、車上狙い事件を捜査していた県警の警察官が、高さんらが乗っていた車両をパトカーで約20キロにわたって追跡。車がパトカーや一般の車にぶつかって逃げようとしたため、警察官1人が発砲を指示し、3人が計8発を発砲。A、B両被告が撃ったうちの2発が助手席にいた高さんの頭と首に、A被告の1発が運転席の男性の頭にそれぞれ当たり、高さんは25日後に死亡した。男性は窃盗罪などで懲役6年の有罪判決を受け、すでに刑期を終えた。高さんは窃盗などの容疑で書類送検され、被疑者死亡で不起訴処分となった。

最新ニュース

写真・図版

逮捕の記事で住所の地番まで掲載 静岡新聞社に賠償命令(2021/5/8)会員記事

 逮捕を報じる新聞記事で住所を地番まで載せたのはプライバシーの侵害などとして、静岡県のブラジル人夫婦が静岡新聞社に約690万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が7日、静岡地裁であった。増田吉則裁判長は…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】初夏のメイク、トレンドは?

    薄塗り軽やか、素肌感

  • 写真

    【&TRAVEL】嵐で流木にぶつかる!

    カヌーでユーコン川下り(3)

  • 写真

    【&M】「レクサスはつまらない」

    酷評された屈辱をバネに

  • 写真

    【&w】習い事、はじめました

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    好書好日生きるヒントを込めた一杯

    マンガで学ぶ移動珈琲屋の仕事

  • 写真

    論座「ソンダー」で差別をなくす

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン贈り物にふさわしい

    ブルガリのギフトコレクション

  • 写真

    Aging Gracefully企業向けのオンライン勉強会

    エンパワーメントを目指して

  • 写真

    GLOBE+権利求める障害者わがまま?

    全盲の弁護士が断言した内容

  • 写真

    sippo保護犬の預かりボランティア

    留守番、時間のやりくりのコツ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ