メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

世界保健機関

関連キーワード

  • WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)(2020年02月08日 朝刊)

    緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL、生活の質)を改善するアプローチである。

  • 世界保健機関(WHO)と台湾(2020年04月14日 朝刊)

    1971年の中国の国連加盟に伴い、台湾は国連やWHOなどから脱退した。新型肺炎SARSの流行の際、台湾が国際協力から取り残されたことが課題に。09年、中国は台湾のWHO総会オブザーバー参加を容認したが、独立志向の強い民進党政権の発足後、オブザーバー参加資格が取り消された。

  • セーフコミュニティ(2008年07月23日 朝刊)

    地域の人々が一緒に安心で安全なまちづくりを目指す地域社会(コミュニティー)のこと。70年代後半、スウェーデンから始まった。世界保健機関(WHO)などがつくる専門機関「地域の安全向上のための協働センター」が推進し認証を行っている。認証に必要な六つの指標はたとえば、(1)より安全な地域づくりを目指し分野や領域の垣根を越えて協働で取り組む組織があること(2)傷害の頻度と原因を記録するプログラムがあること、など。日本セーフティプロモーション学会によると、4月現在、世界で133の地域社会がセーフコミュニティとして認証されている。

最新ニュース

写真・図版

原発処理水「飲用に適さない」 台湾側、麻生氏に反論(2021/4/21)

 海洋放出が決まった東京電力福島第一原発の処理水について、麻生太郎財務相が「飲んでも何ということはない」などと発言したことをめぐり、台湾で原発行政を担う「原子力委員会」トップの謝暁星主任委員は21日、…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&w】ママには夢がある!

    スリランカ 光の島の原石たち

  • 写真

    【&TRAVEL】山のチーズとシュナップス

    国境越えハイキングで堪能

  • 写真

    【&M】デジタル技術ふんだんに

    新型Sクラスに試乗

  • 写真

    【&w】黒糖蒸しパンとチャイの味

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日「食べるものがない」外国人

    食の多様化が遅れる日本

  • 写真

    論座自民党にかわる選択肢を示す

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンカジュアルにもドレスにも!

    男性用スリップオンシューズ

  • 写真

    Aging Gracefullyミドルエイジ世代の女性たち

    体調の変化との向き合い方

  • 写真

    GLOBE+ISの性奴隷にされた女性

    レイプで生まれた子と極秘再会

  • 写真

    sippo2匹の愛猫の“小競り合い”

    バタン!がパタタ……に変化

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ