メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

世界保健機関

関連キーワード

  • セーフコミュニティ(2008年07月23日 朝刊)

    地域の人々が一緒に安心で安全なまちづくりを目指す地域社会(コミュニティー)のこと。70年代後半、スウェーデンから始まった。世界保健機関(WHO)などがつくる専門機関「地域の安全向上のための協働センター」が推進し認証を行っている。認証に必要な六つの指標はたとえば、(1)より安全な地域づくりを目指し分野や領域の垣根を越えて協働で取り組む組織があること(2)傷害の頻度と原因を記録するプログラムがあること、など。日本セーフティプロモーション学会によると、4月現在、世界で133の地域社会がセーフコミュニティとして認証されている。

  • モーリタニア女性の肥満(2008年09月17日 朝刊)

    世界保健機関(WHO)の「世界健康統計2008年版」によると、15歳以上のモーリタニア女性の16・7%が肥満。近隣のアフリカ西部のガーナ(8・1%)、セネガル(7・1%)、マリ(3・7%)、ブルキナファソ(2・4%)などと比べ群を抜く高さだ。モーリタニアの1人当たりの国民総所得は740ドル(06年、世界銀行)。それでもガバージュに金をかけるのは、富裕層や有力者と結婚する近道と信じられているからだ。アフリカでは女性のふくよかさは豊かさの象徴とみなされることが多いが、強制的に太らせる習慣はほかでは見られない。

  • 台湾の国際組織参加(2009年04月30日 朝刊)

    71年に中国が国連に加盟し、台湾は国連を脱退。台湾はその後、国連関連の各機関からも去った。その後、台湾で国際社会復帰への願いが高まり、91年にはアジア太平洋経済協力会議(APEC)に「中華台北」の名称で加盟。02年には世界貿易機関(WTO)にも「台湾・澎湖・金門・馬祖」として加わった。経済活動では「国」に準ずる扱いを受ける一方、国連加盟については、93年から07年まで毎年申請したが認められなかった。世界保健機関(WHO)には03年の新型肺炎SARSの流行をきっかけにオブザーバー参加を強く求めてきたが、中国が拒否していた。

最新ニュース

写真・図版

屋外喫煙所っていいの?「煙が苦痛」JT・厚労省に直撃(2019/4/19)

 「駅前を通ると、屋外喫煙所から、たばこの煙が流れてくる。健康への影響が心配です」。読者の疑問や困りごとを募って取材する「#ニュース4U」取材班に、たばこを吸わない男性からLINEで投稿があった。「子…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】渋谷の新駅ビルが11月開業

    街を見渡す展望施設も〈PR〉

  • 写真

    【&M】衰退からの復興

    ポルトガルに見る芸術の光

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    好書好日だいすけお兄さんも登場

    「ノラネコぐんだん展」開催中

  • 写真

    論座自動車業界 不正の連鎖

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン蛍鑑賞と優雅なディナーを

    65年目を迎えるほたるの夕べ

  • 写真

    T JAPAN姉妹が作るシャンパーニュ

    「ゾエミ・ド・スーザ」

  • 写真

    GLOBE+幸せのヒント探し続け30年

    連載「アジアで働く」

  • 写真

    sippoペットグッズ店に猫置き去り

    引き取られて「姫」になる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ