メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

世界記憶遺産

関連キーワード

  • 世界記憶遺産(2015年12月26日 朝刊)

    歴史的な文書や絵画、音楽を後世に残すため、ユネスコが1992年に始めた。最新の技術を駆使して保存し、広く公開する。べートーベン「第九」の楽譜や「アンネ・フランクの日記」、藤原道長の日記「御堂関白記」などが登録されている。

  • 南京事件(2016年03月08日 夕刊)

    1937年12月13日に旧日本軍が中華民国国民政府の首都だった南京を占領し、捕虜や市民を殺害するなどした事件。日本の研究者には犠牲者を4万〜20万人とする見方が多く、中国側は30万人と主張している。ユネスコ(国連教育科学文化機関)は昨年10月、中国の申請した「南京大虐殺の記録」を世界記憶遺産に登録。日本政府は「申請資料が一方的な主張にもとづいている」などと反発した。

  • 山本作兵衛(1892〜1984)(2017年06月25日 朝刊)

    嘉麻郡笠松村鶴三緒(現飯塚市)生まれ。筑豊地方の炭鉱の最盛期から閉山期に至る約半世紀にヤマで働いた経験をもとに、坑内労働や炭坑町の生活などをテーマに膨大な数の絵を残した。2011年、田川市石炭・歴史博物館が所蔵する絵画585点、日記6点、雑記帳や原稿など36点と、山本家が所有し、県立大が保管する絵画4点、日記59点、原稿など7点の計697点が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に日本で初めて登録された。

最新ニュース

写真・図版

「戦後最大の冤罪」70年後の証言 志賀も川端も動いた(2019/8/19)有料会員限定記事

 今から70年前の8月17日未明、旧国鉄東北線の金谷川―松川間で青森発上野行き旅客列車が右カーブで突然脱線し、転覆した。先頭の機関車はあお向けになり乗務員3人が死亡した。何者かがレールの継ぎ目板や犬ク…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ