メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

世界遺産委員会

関連キーワード

  • 世界遺産委員会の決議(2012年01月27日 朝刊)

    登録の可否を審議した結果は、四つの決議で区分される。(1)登録が認められる「記載」(2)追加情報を求めた上で次回以降の審議に回す「情報照会」(3)推薦書の本質的な改定が必要な「記載延期」(4)記載にふさわしくない「不記載」。一度、「不記載」と決議されると、例外的な場合を除き、再推薦はできないことになっている。

  • 世界遺産(2017年07月10日 朝刊)

    1972年の世界遺産条約に基づき、各国政府の推薦の中から、諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)や国際自然保護連合(IUCN)の調査・勧告を経て、21カ国でつくる世界遺産委員会が年1回、「顕著な普遍的価値」や「真正性」、保全措置などの観点から登録の可否を決める。世界遺産の総数は1052件(昨年7月現在)。

  • 世界遺産登録基準(2008年10月15日 朝刊)

    世界遺産委員会は文化遺産登録のために六つの基準を設け、一つ以上の該当を求めている。内容は(1)人類の創造的傑作(2)文化圏内での価値観の交流を示すもの(3)文化的伝統、文明の稀(まれ)な証拠(4)歴史上重要な時代の例証、あるいは景観を代表する顕著な見本(5)文化を特徴づける土地利用の顕著な見本(6)顕著で普遍的な出来事、伝統、思想、信仰、芸術作品と関連するもの。「平泉」は3、4、5、6に合致するとして国が推薦したが、カナダでの世界遺産委員会ではすべての基準について「適合していない」とされた。

最新ニュース

写真・図版

(もっと知りたい)世界遺産:4 「存亡の危機」リストもあるんだって?(2019/6/13)有料記事

 華やかな世界遺産。そのブランドを手にすれば観光客は増え、地元経済も潤う。だから競ってリスト入りをめざす。が、もうひとつのリストがあるのをご存じだろうか。「危機遺産」の一覧表である。 平和な観光名所だ…[続きを読む]

世界遺産委員会をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ