メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中央自動車道

関連キーワード

  • 中央自動車道の土砂崩れ(2017年12月25日 朝刊)

    8月18日午後9時半ごろ、瑞浪市釜戸町の中央道脇の斜面で土砂崩れが起き、車4台が巻き込まれて計6人が重軽傷を負った。土砂からは近くの陶磁器原料メーカー「丸釜釜戸陶料」が斜面に埋めていた産業廃棄物が含まれ、中央道や近くの川に白い汚泥が流出した。

  • 中央自動車道笹子トンネル天井板崩落事故(2019年05月25日 朝刊)

    2012年12月2日午前8時3分、山梨県大月市の笹子トンネル上り線で天井板が約140メートルにわたって崩落。車3台が巻き込まれ、9人が死亡、3人がけがを負った。事故を受けて14年に道路法が改正され、トンネルや橋などは5年に一度点検することが、国や高速道路各社、自治体に義務づけられた。

  • 公共事業(2013年06月28日 朝刊)

    日本の公共事業関係費は1960年代以降急増し、補正後の年総額では小渕内閣当時の98年度14・9兆円がピーク。小泉内閣発足後の2001年度から減少に転じたが、東日本大震災で防災、中央自動車道笹子トンネル事故で老朽化対策の重要性が指摘されるようになった。一方で、国と地方の借金残高は国内総生産(GDP)の2倍、約1千兆円に達しているため、必要な事業の選別と事業費の抑制がより重要になっている。

最新ニュース

写真・図版

亀裂、ひび割れ…イタリアの橋、下から見たらひどかった(2019/8/17)有料会員限定記事

 イタリア北部ジェノバの幹線道路の高架橋「モランディ橋」が崩落して多数の死傷者が出た事故から、14日で1年がたった。地元検察は、この橋を管理する道路管理会社の保守作業に不備があったことが事故原因だとみ…[続きを読む]

中央自動車道をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ