メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中央防災会議

関連キーワード

  • 天明泥流(2009年06月24日 朝刊)

    1783(天明3)年5月(旧暦4月)から小規模な噴火を繰り返していた浅間山が、同年8月5日(同7月8日)午前10時ごろ激しく噴火。土石なだれが嬬恋村鎌原の旧鎌原村を埋没させ、吾妻川に流入して泥流になった。国の中央防災会議がまとめた「天明浅間山噴火報告書」などによると、火口から約34キロ離れた八ツ場には、波高50メートルを超す泥流が押し寄せたという。下流域も含め約1500人が犠牲になったとされる。うち計400人以上が長野原町内の住民だったと町誌は記す。

  • 上町断層帯(2013年04月05日 朝刊)

    大阪府を南北に走る複数の活断層帯。周辺人口がきわめて多く、政府の中央防災会議はM7・6の地震が起きた場合、死者約4万2千人、被害額約74兆円と想定する。地震調査研究推進本部の長期評価では、長さ約42キロ、最新活動時期は9千〜2万8千年前、活動周期は平均約8千年。

  • 東南海・三河地震(2011年01月04日 朝刊)

    国の中央防災会議によると、1944年12月7日に発生した東南海地震は、震源が和歌山県新宮市付近でマグニチュード(M)7・9。1223人が死亡した。1カ月余り後の45年1月13日には、愛知県東部で内陸直下型の三河地震が起きた。M6・8で、死者は2306人に上った。三河地震は東南海地震で誘発された「広義の余震」だった。

最新ニュース

写真・図版

広域避難へ対応探る 台風19号の課題見据え 茨城(2020/11/10)

 大規模な災害の際に自治体の境界を越えて避難する「広域避難」の取り組みが、茨城県内の自治体でも普及しつつある。昨年の台風19号では、多くの住民が円滑に移動するための課題も見えた。     ◇ 台風19…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&TRAVEL】モデル女子3人旅in福岡

    おいしい&楽しいを求めて

  • 写真

    【&TRAVEL】ここはどこ? 透明に近い青

    上から撮るか、下から撮るか

  • 写真

    【&M】ライバルを誉めよう!

    スクエニ吉田氏が尊敬する競合

  • 写真

    【&w】規格外パール、唯一無二の美

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日俳優は〈空っぽ〉の器が理想

    松重豊さん、役者人生を語る

  • 写真

    論座バス停女性死亡と携帯電話

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン吉沢 亮の季節が来た!

    成熟してゆく、若手俳優の横顔

  • 写真

    T JAPAN石岡瑛子の仕事

    大規模な回顧展が開催

  • 写真

    GLOBE+NYで見たハグや大声の会話

    危機感を訴えた その返事は

  • 写真

    sippo不安を無理に解決するより

    心をほぐすことを猫に学ぶ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ