メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中央防災会議

関連キーワード

  • 天明泥流(2009年06月24日 朝刊)

    1783(天明3)年5月(旧暦4月)から小規模な噴火を繰り返していた浅間山が、同年8月5日(同7月8日)午前10時ごろ激しく噴火。土石なだれが嬬恋村鎌原の旧鎌原村を埋没させ、吾妻川に流入して泥流になった。国の中央防災会議がまとめた「天明浅間山噴火報告書」などによると、火口から約34キロ離れた八ツ場には、波高50メートルを超す泥流が押し寄せたという。下流域も含め約1500人が犠牲になったとされる。うち計400人以上が長野原町内の住民だったと町誌は記す。

  • 上町断層帯(2013年04月05日 朝刊)

    大阪府を南北に走る複数の活断層帯。周辺人口がきわめて多く、政府の中央防災会議はM7・6の地震が起きた場合、死者約4万2千人、被害額約74兆円と想定する。地震調査研究推進本部の長期評価では、長さ約42キロ、最新活動時期は9千〜2万8千年前、活動周期は平均約8千年。

  • 東南海・三河地震(2011年01月04日 朝刊)

    国の中央防災会議によると、1944年12月7日に発生した東南海地震は、震源が和歌山県新宮市付近でマグニチュード(M)7・9。1223人が死亡した。1カ月余り後の45年1月13日には、愛知県東部で内陸直下型の三河地震が起きた。M6・8で、死者は2306人に上った。三河地震は東南海地震で誘発された「広義の余震」だった。

最新ニュース

[21]南海トラフ地震の防災対応ガイドライン(2019/4/11)

ペアで起きてきた南海トラフ地震 南海トラフ沿いの震源域では、過去に繰り返し地震が起こってきた。過去3回の地震では、1944年東南海地震の2年後に南海地震が、1854年安政東海地震の32時間後に南海地震…[続きを読む]

中央防災会議をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    【&TRAVEL】日本のしょうゆ発祥の地へ

    和歌山の食を訪ねて

  • 写真

    【&M】ポップとディープを往来!

    あいみょんのバランス感覚

  • 写真

    【&w】ポジティブに生きられる空間

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日還暦迎えた、みうらじゅん

    「マイ遺品セレクション」刊行

  • 写真

    論座本庶さん特許の対価で怒る

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    ドイツワインおすすめの一本

  • 写真

    T JAPAN前衛作家、白髪一雄の個展ほか

    いま観るべき展覧会3選

  • 写真

    GLOBE+千人にたった2台

    有数の「車を持ちづらい国」

  • 写真

    sippo人懐っこい秋田犬の恩返し

    お年寄りの保護に一役

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ