メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中曽根康弘氏が死去

中曽根康弘

なかそね・やすひろ/1918年、群馬県出身
1947年 衆院選初当選
70年 佐藤内閣で防衛庁長官
82年 首相に就任
86年 衆参同日選で大勝
87年 竹下登氏を後継指名し退陣

朝日新聞社

■韓国、北朝鮮、安保…語った言葉は

■「ロン・ヤス」の日米関係

写真・図版

中曽根康弘元首相が101歳で死去 国鉄民営化進める (2019/11/29)

「戦後政治の総決算」を掲げ、5年間にわたる長期政権で国鉄分割民営化などに取り組み、原発政策や憲法改正論議にも大きな影響を与えた中曽根康弘(なかそね・やすひろ)元首相が29日朝、東京都内の病院で死去した。101歳だった。 1918年、群馬県…[続きを読む]

■「9条」との関係を追う

連載「新聞と9条」から
「タカ派」は予想外に柔軟だった。1970年9月8日、防衛庁長官の中曽根康弘は就任後初めて訪米し、先方の政府要人と会談を重ねた――。当時を再現するように関係者の詳しい証言を取材しました。

最新ニュース

安倍政権の検察庁法改正断念の背景にある保守の知恵の喪失という病理(2020/5/27)

 国会はデジタルではない。 一かゼロか、イエスかノーか、そんなデジタルな発想から、数によって法案の行方が決まるのであれば、選挙で議席が確定した時点で、すべてが定まってしまうだろう。だがそうはならないの…[続きを読む]

中曽根康弘をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ