メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中曽根康弘

中曽根康弘

なかそね・やすひろ/1918年、群馬県出身
1947年 衆院選初当選
70年 佐藤内閣で防衛庁長官
82年 首相に就任
86年 衆参同日選で大勝
87年 竹下登氏を後継指名し退陣

朝日新聞社

関連キーワード

  • 55年体制(2011年08月18日 朝刊)

    1955年10月13日、サンフランシスコ講和条約を巡り分裂した左派社会党(鈴木茂三郎委員長)と右派社会党(河上丈太郎委員長)が再統一。これに対抗し、11月15日に自由党(緒方竹虎総裁)と民主党(鳩山一郎総裁)が保守合同し、自民党が誕生した。自民党が政権を担い、社会党が野党として批判の立場に回る「役割分担」は、93年の非自民連立政権発足まで続いた。*1941年10月18日東条内閣発足12月8日真珠湾攻撃、太平洋戦争始まる1945年8月6日広島に原爆投下9日長崎に原爆投下15日ポツダム宣言の受諾を発表、日本敗戦1952年10月1日松前重義が衆院選で初当選1954年3月1日米国水爆実験で第五福竜丸が被曝(ひばく)4月3日日本初の原子力予算が成立23日日本学術会議が原子力の「自主、民主、公開」の3原則を決議1955年8月8日ジュネーブで第1回原子力平和利用国際会議9月12日松前、中曽根康弘ら会議出席者が共同声明発表10月13日左右社会党統一11月15日保守合同で自由民主党結党12月16日原子力基本泡原子力委員会設置法など成立

  • 116号事件(2017年09月24日 朝刊)

    新出来寮襲撃事件のほか、朝日新聞東京本社銃撃事件(1987年1月、同年10月に弾痕発見)▽小尻知博記者(当時29)が殺害されるなど記者2人が死傷した阪神支局襲撃事件(同年5月)▽静岡支局爆破未遂事件(88年3月)▽リクルート元会長宅銃撃事件(同年8月)を指す。関連・類似事件として、静岡事件と同時にあった中曽根康弘元首相・竹下登首相(当時)脅迫事件、愛知韓国人会館放火事件(90年5月)がある。8件とも「赤報隊」名の犯行声明や脅迫状が届いた。

  • 解散のネーミング(2017年10月02日 朝刊)

    過去の解散では、衆院選の位置づけや争点を反映するような名称がつけられてきた。2014年の解散直後には安倍晋三首相が記者会見で「この解散は『アベノミクス解散』であります」と呼び名をつけ、自らの経済政策を衆院選の争点とする姿勢を示した。05年の「郵政解散」も小泉純一郎首相が自ら命名。参院で郵政民営化法案が否決されたのを機に解散に踏み切り、与党が大勝した。解散の状況を説明した名称も少なくない。中曽根康弘首相が野党にとって不意打ち的に解散し、自民党が圧勝した1986年の衆院選は「死んだふり解散」と呼ばれた。首相の発言をとった「バカヤロー解散」(吉田茂首相)や「神の国解散」(森喜朗首相)、「近いうち解散」(野田佳彦首相)といったネーミングもある。

最新ニュース

(#政界ファイル)麻生太郎副総理、衆参同日選「首相しか分からない」(2019/6/19)有料記事

 色んな人が(衆参)同日選挙があるのかないのか、という。私も(首相として)解散する立場だったからよく覚えている。昭和61(1986)年の「死んだふり解散」。中曽根康弘首相のときだった。(中曽根氏は)「…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ