メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中津川市

関連キーワード

  • 中津川市の産廃施設(2010年05月27日 朝刊)

    河村産業が2009年3月に産業廃棄物中間処理施設の設置許可を県に申請し、同年11月に設置が許可された。これに対し、今年1月下旬になって計画を知ったという住民らが「説明がなかった」などとして反発。3月には、中津川市が県に提出した報告書の内容が「誤っていた」ことも明らかになった。建設に反対する住民らは県に許可の撤回を要請。これを受けて県は、河村産業や中津川市などに対し、調査をしていた。

  • 中津川市長の解職請求(2011年12月31日 朝刊)

    中津川市街地に予定された新図書館の建設を機に、大山耕二前市長の市政運営への不満が噴出。市民団体「中津川一新の会」が、市長の解職請求(リコール)運動を始める。反市長派の超党派議員も同調し、有権者の半数近い3万596人の有効署名を集めた。11月1日に本請求して解職の是非を問う住民投票の実施が決まった。だが、市長の辞職で中止。期日前投票で受け付けた215票は廃棄された。

  • 中津川市立図書館(2014年05月05日 朝刊)

    市中央公民館と同居した建物(鉄筋コンクリート4階建て延べ約4千平方メートル)の1階にあり、1979年開館。蔵書数は約16万6千冊。狭く、老朽化したため、2009年に新図書館建設計画が立てられたが、市政の混乱から中止に。その後の新たな計画は具体化していない。計画中止から1年5カ月後の昨年10月、読書と読書環境の重要性を市全体で認識しようと、東海地方では初の「市民読書基本条例」が市議会で可決・制定された。

最新ニュース

写真・図版

「リニア、当初は大推進論者」静岡知事、朝日新聞に手記(2020/8/14)会員記事

 静岡県の川勝平太知事は朝日新聞に対し、リニア中央新幹線静岡工区に関する手記を寄せた。大井川の水量の減少が懸念されて2027年の開業が遅れる可能性が高まっているが、「遅延の責任はJR東海にある」と断じ…[続きを読む]

中津川市をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ