メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中皮腫

関連キーワード

  • 中皮腫(2019年10月12日 夕刊)

    胸膜や腹膜などに悪性の腫瘍(しゅよう)ができる、希少がんの一種。厚生労働省によると、2017年には10年前の約1.5倍にあたる1555人が死亡した。18年度の労災認定数は533件で、過去5年間で横ばい。石綿が主な原因で、発症までの潜伏期間が20〜50年と長い。石綿は1970〜90年代に多く輸入されたため、潜伏期間を考慮すると、今後も死者が増える恐れがある。2006年に労災未認定の被害者に給付金を支給する石綿救済法が施行され、中皮腫患者も救済対象となった。石綿は06年に全面的に使用が禁止された。

  • 悪性中皮腫(2012年03月24日 朝刊)

    肺や胃、腸などの表面を覆う膜の細胞に生じる悪性の腫瘍(しゅよう)。アスベストに含まれる成分が原因となってがん化する。石綿を吸い込んだ量が少なく、期間が短くても発症し、潜伏期間がある。

  • 中皮腫と胸膜プラーク(2014年04月15日 朝刊)

    中皮腫は石綿肺などとともに、石綿の吸引に起因する特有の疾病の一つで、肺を包む胸膜などにできるがん。低濃度の吸い込みでも発症するため、石綿関連の職業歴のない住民被害も多くみられる。潜伏期間は40年前後と長い。国は06年に石綿の製造・使用を原則全面禁止したが、以前に吸い込んだ粉じんにより数十年後に発病する恐れがある。胸膜プラークは石綿を吸い込むことで胸膜が厚く、硬くなる症状。それ自体に治療の必要はないが、中皮腫などを発症する危険性が高くなるとされる。

最新ニュース

建設石綿訴訟、最高裁で弁論 原告側、一人親方への賠償主張(2020/10/23)会員記事

 建設資材に含まれるアスベスト(石綿)を吸って中皮腫や肺がんになったとして神奈川県内で働いた建設作業員や遺族ら89人が国と建材メーカー43社に約29億円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第一小法廷(深山…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&w】わくわくする毎日をつくるもの

    ほんやのほん

  • 写真

    【&TRAVEL】飛驒で、すし?薬草料理?

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】内戦の古傷を癒やすカレー

    忘れ得ぬタミルの人々と食事

  • 写真

    【&w】叔母から受け継いだ、ピエロギ

    私のファミリーレシピ

  • 写真

    好書好日生きやすい街求めドイツ移住

    香山哲「ベルリンうわの空」

  • 写真

    論座菅首相の所信表明演説を読む

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオシャレとしてのジャージ

    漫画家/コラムニスト 渋谷直角

  • 写真

    T JAPANレシピが伝える新しい生き方

    長尾智子の卵料理

  • 写真

    GLOBE+ナイル川は豊かなのか?

    釣り人的な視点で眺めてみた

  • 写真

    sippoこわもてだけど優しい犬

    散歩道で見つけた子猫と親友に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ