メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中越地震

【発生】
2004年10月23日午後5時56分
【震源】
新潟県中越地方(直下型地震)

 家屋の倒壊や土砂崩れなどで68人が犠牲になった。震度6強を観測した山あいの旧山古志村では、土砂崩れで集落が孤立。全村民約2200人が長岡市に避難し、約3年間の避難生活を送った。

■中越地震の被害

死  者 68人 重  傷 632人
軽  傷 4163人 住家全壊 3175棟
住家大規模半壊 2167棟 住家半壊 1万1643棟
住家一部損壊 10万4619棟 非住家被害(公共施設ほか) 4万1737棟

 国、県などでつくる「防災・減災新潟プロジェクト2014」発行の「にいがた災害の記憶」から

■中越地震被災地の10年の歩み

2004年 10月 23日 午後5時56分、最大震度7の中越地震発生。死者68人、家屋12万棟余りに被害が及ぶ
25日 旧山古志村が全村避難を決断
27日 長岡市の土砂崩れ現場から、当時2歳の皆川優太君を93時間ぶりに救出
11月 24日 仮設住宅への転居開始。当時の13市町村に一時2935世帯、9649人が生活
2005年 8月 2日 長岡市の花火大会で震災復興を誓うフェニックス花火
2007年 4月 1日 旧山古志村の5集落を最後に、被災地に出ていた避難指示・勧告がすべて解除
10月 04年12月開設の小千谷市の仮設住宅から全世帯退去。一時2328人が入居
12月 23日 旧山古志村の帰村式
2008年 3月 31日 長岡市、旧川口町が災害対策本部を解散。市町村の本部はすべてなくなる
4月 4日 県が災害対策本部を解散
13日 旧山古志村の闘牛10頭が帰村
9月 8日 天皇皇后両陛下が旧山古志村を訪問
2009年 5月 中越地震からの復興を描いたドキュメンタリー映画「1000年の山古志」が完成
10月 11日 国の重要無形文化財「牛の角突き」会場の山古志闘牛場の改修終了
18日 旧山古志村で被災後初の大規模な防災訓練
2010年 3月 31日 震源の旧川口町が長岡市に編入合併
4月 29日 大規模災害時にボランティア活動拠点になる、ながおか市民防災センターが長岡市で開所
2011年 3月 11日 東日本大震災が発生。中越地震の被災者も支援に
10月 23日 地震の記憶を後世に残す中越メモリアル回廊が長岡市(きおくみらい、川口きずな館)、小千谷市(そなえ館)に
2012年 10月 19日 地域ごとに復興の実感に濃淡。被災5市の840人対象の中越防災安全推進機構アンケートで
2013年 10月 23日 やまこし復興交流館おらたるが長岡市に。今年4月に入館1万人突破

関連キーワード

  • 中越地震(2019年02月06日 朝刊)

    2004年10月23日、中山間地などを最大震度7の地震が襲い、関連死を含め68人が犠牲になった。避難者はピーク時には10万人に上り、旧山古志村は全村避難した。上越新幹線や関越道といった首都圏からの大動脈が不通になり、県全体の経済に打撃を与えた。

  • 新潟県中越地震(2014年10月22日 朝刊)

    新潟県中越地方を震源に、2004年10月23日午後5時56分に発生した直下型地震。家屋の倒壊や土砂崩れなどで68人が犠牲になった。震度6強を観測した山あいの旧山古志村では、土砂崩れで集落が孤立。全村民約2200人が長岡市に避難し、約3年間の避難生活を送った。

最新ニュース

【要旨まとめ】東電旧経営陣3人無罪、強制起訴地裁判決(2019/9/20)有料会員限定記事

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された事件で、勝俣恒久・元会長(79)、武黒(たけくろ)一郎・元副社長(73)、武藤栄・元副社長(69)の3被告をいずれも…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ