メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中間貯蔵施設

関連キーワード

  • 中間貯蔵施設(2017年03月21日 朝刊)

    東京電力福島第一原発事故の除染作業で出た汚染土などを最長で30年間保管する。福島県双葉、大熊両町にまたがり、第一原発を取り囲む敷地1600ヘクタールに建設予定で、県内で出る汚染土などの量は最大2200万立方メートルが見込まれている。環境省によると、汚染土の保管は2017年秋に始める計画で、総事業費は約1兆1千億円。ただ、用地取得は17年2月末で21%にとどまっている。

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設(2013年07月16日 朝刊)

    原発の外で使用済み核燃料を保管する施設。原発内の貯蔵量が限界に近づき、原発の運転継続には、中間貯蔵の整備が不可欠とされる。青森県むつ市の「リサイクル燃料備蓄センター」は、東電80%、日本原電20%の出資による全国初の施設。使用済み燃料計5千トンを最長50年間貯蔵する予定だ。2010年8月に建屋の工事を始め、建設費は約1千億円。今年10月の操業を目指してきたが、国は12月施行の新規制基準への適合が必要だとしている。

  • むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設(2014年01月16日 朝刊)

    原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

最新ニュース

除染土再利用の実証事業、福島県外でも実施へ(2022/8/4)

 環境省は3日、東京電力福島第一原発事故で出た除染土を駐車場や花壇に再利用する実証事業を、年度内に福島県外で初めて行う方針を示した。国は除染土を2045年までに県外で最終処分する方針で、再利用は処分量…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】あの名作にこんなご近所感が

    ほんやのほん

  • 写真

    【&M】変わりゆく「紳士」の定義

    Lorenzo STYLE

  • 写真

    【&Travel】香港の売店から膨らむ想像

    永瀬正敏フォト・ワークス

  • 写真

    【&M】僕の曲、鼻歌で歌ってほしい

    作詞家・いしわたり淳治さん

  • 写真

    【&w】母の夢は移動式本屋

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日「鬼滅の刃」における「死」

    宗教学者・石井研士さんが考察

  • 写真

    論座ロシアの民主化は可能か?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン優れた機能性の万能な一着

    4方向に伸縮するジャケット

  • 写真

    Aging Gracefully疲れた40代を甘やかすコスメ

    つけるだけで肌が上向きに

  • 写真

    GLOBE+金正恩夫妻のプライベート

    公表した北朝鮮、その狙いは

  • 写真

    sippo犬の歯みがきのやり方

    嫌がる犬の歯をみがくには

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ