メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中間貯蔵施設

関連キーワード

  • 中間貯蔵施設(2017年03月21日 朝刊)

    東京電力福島第一原発事故の除染作業で出た汚染土などを最長で30年間保管する。福島県双葉、大熊両町にまたがり、第一原発を取り囲む敷地1600ヘクタールに建設予定で、県内で出る汚染土などの量は最大2200万立方メートルが見込まれている。環境省によると、汚染土の保管は2017年秋に始める計画で、総事業費は約1兆1千億円。ただ、用地取得は17年2月末で21%にとどまっている。

  • 使用済み核燃料中間貯蔵施設(2013年07月16日 朝刊)

    原発の外で使用済み核燃料を保管する施設。原発内の貯蔵量が限界に近づき、原発の運転継続には、中間貯蔵の整備が不可欠とされる。青森県むつ市の「リサイクル燃料備蓄センター」は、東電80%、日本原電20%の出資による全国初の施設。使用済み燃料計5千トンを最長50年間貯蔵する予定だ。2010年8月に建屋の工事を始め、建設費は約1千億円。今年10月の操業を目指してきたが、国は12月施行の新規制基準への適合が必要だとしている。

  • むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設(2014年01月16日 朝刊)

    原発で使用した核燃料を原発敷地外で貯蔵・管理する国内初の施設。事業者のリサイクル燃料貯蔵は、東京電力が80%、日本原電が20%の株式を所有する共同出資会社で、両社の原発から出る使用済み核燃料を金属の輸送容器(キャスク)に収納し搬送。最終的には貯蔵建屋2棟に計5千トンの使用済み燃料を最長で50年間保管する予定。

最新ニュース

写真・図版

福島復興支える奥尻の津波被災者 「あの時の恩返しを」(2021/3/5)会員記事

 1993年7月12日夜、北海道の南西沖で発生した津波は、わずか数分で奥尻島に押し寄せ、奥尻町青苗(あおなえ)地区をのみ込んだ。浅利勇二さん(48)は、父謙二さん(当時67)と義兄(同33)を亡くした…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】クールな時代の反動?

    Ado『うっせぇわ』の快進撃

  • 写真

    【&TRAVEL】レトロとモダンを一度に

    1日1旅

  • 写真

    【&M】印象に残るウェッジシェイプ 

    3代目トヨタ・セリカ

  • 写真

    【&w】5年ぶりにあの人の台所へ

    東京の台所2

  • 写真

    好書好日卒園シーズンにぴったり

    絵本「そしておめでとう」

  • 写真

    論座原子力災害と福島の有機農家

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビクトリノックスから、

    限定色のコレクターズナイフ

  • 写真

    Aging Gracefullyマスクメイク・おうちメイク

    いまを楽しむメイクセット

  • 写真

    GLOBE+パレスチナの食が危ない

    占領政策で消えていく文化

  • 写真

    sippo17年共に過ごした猫が逝く

    別れのとき、鼻先や耳をなでた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ