メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

亀井静香

関連キーワード

  • 中小企業等金融円滑化法(2009年12月13日 朝刊)

    亀井静香金融相が制定を強く主張し、臨時国会で先月末に成立、今月4日施行された。中小企業や住宅ローンの借り手が借金返済の負担軽減を申し込んだ場合、金融機関はできる限り返済期限の延長や金利減免といった「条件変更」などの措置をとるようにつとめる、と規定。金融機関には定期的に実施状況の報告も義務づけた。11年3月末までの時限立烹金融庁は法制定に伴い、条件変更に応じたことを理由に金融機関が新規融資を拒否しないよう監督指針を見直した。

  • 金融円滑化法(返済猶予法)(2010年03月31日 朝刊)

    中小企業や住宅ローンの借り手が借金返済の負担軽減を申し込んだ場合、金融機関はできる限り返済期限の延長や金利の減免といった「条件変更」(返済猶予)の措置をとるようにつとめる、と規定する。金融機関には定期的に実施状況の報告を義務づけた。来年3月末までの時限立烹亀井静香金融相が制定を強く主張し、昨年12月に施行された。

  • 金融円滑化法(2012年12月01日 朝刊)

    民主党政権の発足後、亀井静香金融相(当時)の提唱で2009年12月に施行された。中小企業や住宅ローンの借り手から借金の返済負担を軽くしてほしいとの申し込みがあった場合、金融機関に金利を減免したり、返済期限を延ばしたりするよう求めている。金融機関は返済猶予の実施状況の報告が義務づけられた。

最新ニュース

写真・図版

夫婦別姓を選べる日は来るのか 政治家たちが語った言葉(2021/3/14)

 改姓しなくても結婚できる「選択的夫婦別姓」の議論が活発になっています。きっかけは、男女共同参画に向けた政府の計画づくり。舞台裏で何があったのか、今後の見通しは――。男女共同参画相だった橋本聖子氏(現…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ