メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

事故調査委員会

関連キーワード

  • 航空・鉄道事故調査委員会(2009年09月25日 夕刊)

    航空や鉄道の事故原因を究明し、再発防止策を交通機関やメーカー、行政機関に勧告するために国土交通省に置かれていた組織。08年10月に船舶事故の原因などを調べる海難審判庁の調査部門も加え、現在の運輸安全委員会に再編された。調査委時代は、委員会は工学博士ら識者10人で構成されていた。委員らは特別職の国家公務員で任期は3年。委員会設置法には職務上知ることのできた秘密を漏らしてはいけないとの定めがあった。現行の運輸安全委も同様。

  • 国会事故調査委員会(2016年09月25日 朝刊)

    東京電力福島第一原発事故の原因を究明するため、国会固有の国政調査権を背景に、政府からも事業者からも独立した調査委として衆参両院が2011年12月に設置。12年7月に約600ページの報告書をまとめ、事故を「自然災害ではなく、明らかに人災」と断定した。政府が設けた政府事故調査・検証委員会とは別組織。こちらは当初非公開とした聴取記録のうち、本人の同意が得られたものを14年9月から順次開示している。

  • JR宝塚線事故の背景(2015年04月25日 朝刊)

    国の航空・鉄道事故調査委員会の最終報告書などによると、事故を起こした電車は直前の伊丹駅でオーバーラン。定刻を約80秒遅れて発車した。当時、JR西日本はこうしたミスをした運転士を乗務から外し、懲罰的な「日勤教育」を課していた。これを恐れるあまり、運転士は言い訳を考えるなど運転から注意がそれ、現場カーブでブレーキが遅れた可能性が高いとされた。

最新ニュース

写真・図版

再稼働の命運握る規制委 厳しい審査に「歴史の皮肉」(2021/1/17)有料会員記事

 54基の原発をもつ世界3位の原発大国だった日本は、東京電力福島第一原発事故の後、約2年間の全基停止を経験し、ゼロから出直すことになった。これまでに再稼働したのは9基。反対の世論が根強いなか、国と電力…[続きを読む]

事故調査委員会をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ