メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都四條南座

写真・図版

京都・南座、3年ぶり再開場 正面玄関では「一番太鼓」 (2018/11/1)

耐震改修工事を終えた京都四條南座(京都市東山区)が1日、約3年ぶりに再開場した。この日開幕した歌舞伎公演「吉例顔見世(かおみせ)興行」を見ようと、大勢のファンが訪れた。 午前10時の開場前に、正面玄関では「一番太鼓」が披露された。場内に入…[続きを読む]

連載:南座とわたし

写真・図版

ニザ様の忘れられない光景 京都南座ががら空きだった頃(2018/10/25)有料会員限定記事

■南座とわたし 京都四條南座(京都市東山区)が、約3年間の改修工事を終え、11月1日に再オープンする。上方歌舞伎を代表する人気俳優「ニザ様」こと片岡仁左衛門に、南座にまつわる思い出を聞いた。 物心つい……[続きを読む]

関連キーワード

  • 京都四條南座(2018年10月23日 夕刊)

    出雲阿国(いずものおくに)が京の街で「かぶき踊り」を披露したとされる江戸時代初期に誕生したと伝わる。1906年から松竹が経営を担うようになり、29年に現在の建物ができた。年末に開かれる顔見世は京都の冬の風物詩として親しまれ、96年には国の登録有形文化財に指定された。2013年施行の改正耐震改修促進法に基づく診断の結果、耐震基準を満たしていないことが判明。16年1月の公演を最後に工事のため休館していた。

京都旅レシピ

最新ニュース

写真・図版

春を彩る都をどり、楽しみ方は? 京舞井上流家元に聞く(2019/4/11)有料記事

 京都の春を彩る花街・祇園甲部の舞台公演「都をどり」(http://miyako-odori.jp/)が4月1日、京都・南座で幕を開けた。150年近い歴史がある伝統の舞台。振り付けを担当する京舞井上流…[続きを読む]

京都四條南座をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】結婚か退職か、恩師の助言は

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】岩のせり出す山道を探検!

    美しく険しいフランスの渓谷

  • 写真

    【&M】いすゞベレット1600MX

    小川フミオ「世界の名車」

  • 写真

    【&w】美食を発信する気鋭のシェフ

    地元ならではの恵み〈PR〉

  • 写真

    好書好日「100万回生きたねこ」?

    滝沢カレンさんが超解釈

  • 写真

    論座野生ネコの害をめぐる悩み

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    「菓実の福」のフルーツ大福

  • 写真

    T JAPAN老舗酒蔵のヘルシードリンク

    気になる悩みをサポート

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo元保護犬・保護猫がいる家

    夫婦が動物を選ぶ基準とは

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ