メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都府立医大

関連キーワード

  • ディオバン論文問題(2013年07月12日 朝刊)

    ディオバンに優れた効果があるとする京都府立医大の論文のデータに「重大な問題がある」という指摘が発端となり、販売元のノバルティス日本法人の元社員が身分を明示せずに研究に加わっていたことが発覚した。同様に、ディオバンの効果を検証した慈恵医大など他の4大学の研究にも加わっており、同社は不適切と認めた。一方、元社員によるデータ操作への関与については「判明していない」との立場だ。

  • 高血圧治療薬 不正問題(2014年02月19日 夕刊)

    ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬「ディオバン」について、02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。慈恵会医大と京都府立医大の論文は、ディオバンは他の高血圧治療薬と比べ、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。しかし昨春、これらの論文作成をめぐり、同社元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

  • ディオバンに関する論文不正問題(2014年02月20日 朝刊)

    ディオバンは、ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬。02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。京都府立医大と慈恵会医大の論文は、ディオバンが他の高血圧治療薬より、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。だが昨春、これらの論文作成で、ノバルティス元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

最新ニュース

写真・図版

(ぶらっとラボ)mRNA医薬品、開発めざして(2022/4/18)

 新型コロナウイルスワクチンに使われ注目された「mRNA」の研究に、京都府立医大(京都市)の内田智士准教授は10年以上取り組んできた。 mRNAは、細胞の中でDNAの一部がコピーされたもので、たんぱく…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カラフルな部屋“旅する”家

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    【&M】家族が快適に過ごすには?

    アイデアが詰まったバンコン

  • 写真

    【&Travel】京の旅、スパイスで体目覚め

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】手塚治虫文化賞選考の裏側

    朝日新聞記者が見た熱い議論

  • 写真

    【&w】30代女性に刺さるマンガ家

    宇垣美里さんに聞く

  • 写真

    好書好日女性たちの「平成30年史」

    山内マリコ「一心同体だった」

  • 写真

    論座メディア環境と民主政

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン俳優・塩野瑛久を魅了する物

    パールの魅力に惹かれる

  • 写真

    Aging Gracefullyわたしらしく輝くために

    心と体、更年期どうつきあう?

  • 写真

    GLOBE+外国語のスピーキング

    速度を上げる練習法を教えます

  • 写真

    sippo通院すると食が細る愛猫

    突然の発作で選んだのは往診

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ