メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

京都府立医大

関連キーワード

  • ディオバン論文問題(2013年07月12日 朝刊)

    ディオバンに優れた効果があるとする京都府立医大の論文のデータに「重大な問題がある」という指摘が発端となり、販売元のノバルティス日本法人の元社員が身分を明示せずに研究に加わっていたことが発覚した。同様に、ディオバンの効果を検証した慈恵医大など他の4大学の研究にも加わっており、同社は不適切と認めた。一方、元社員によるデータ操作への関与については「判明していない」との立場だ。

  • 高血圧治療薬 不正問題(2014年02月19日 夕刊)

    ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬「ディオバン」について、02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。慈恵会医大と京都府立医大の論文は、ディオバンは他の高血圧治療薬と比べ、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。しかし昨春、これらの論文作成をめぐり、同社元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

  • ディオバンに関する論文不正問題(2014年02月20日 朝刊)

    ディオバンは、ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬。02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。京都府立医大と慈恵会医大の論文は、ディオバンが他の高血圧治療薬より、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。だが昨春、これらの論文作成で、ノバルティス元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

最新ニュース

写真・図版

抗がん剤が効かなくなったら 中止の決断、どう伝える(2019/2/22)有料会員限定記事

 主ながん治療の一つ「抗がん剤」は、再発・進行したがんでは、一部を除いて治癒させることは難しく、効かなくなるときが訪れる。そのとき、どうするか。患者、家族、医師らが難しい判断に向き合うかぎは、対話にあ…[続きを読む]

PR情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    大自然とアートを楽しむ

  • 写真

    【&TRAVEL】駿河湾の男衆が女装して踊る

    「天下の奇祭」大瀬まつり

  • 写真

    【&M】ポークご飯はナイフいらず

    ドーカン(東京・半蔵門)

  • 写真

    【&w】小さな小さなうでまくら

    フォトギャラリー

  • 写真

    好書好日ASKAさん35年ぶり詩集

    谷川俊太郎さんと念願の対談

  • 写真

    WEBRONZA誰のせい?予算100兆円超

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま、ワードローブが変わる

    #1ジョルジオ アルマーニ

  • 写真

    T JAPAN自社田で米作りから手がける

    岡山県「丸本酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+空っぽのひつぎに涙こぼす

    エチオピア機事故の取材から

  • 写真

    sippo片目を失った子猫

    幸せ願い「みちる」と命名

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ