メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人体実験

関連キーワード

  • 戦時下の加害行為(2015年09月07日 朝刊)

    旧日本軍による戦地や植民地での人権抑圧や市民への殺傷などを指す。今回の調査では各地の施設の展示や専門家らの歴史考察を踏まえ、(1)南京大虐殺(南京事件)(2)平頂山事件(3)重慶爆撃(4)上海爆撃(5)三光作戦(6)第731部隊(人体実験)(7)慰安婦(8)創氏改名(9)朝鮮人・中国人の強制連行・強制労働(10)バターン死の行進(11)泰緬鉄道事件(12)捕虜の虐待(13)その他——に分類し、展示の有無を尋ねた。その他として「沖縄戦での集団死の強要」「マニラ戦」「満蒙開拓団の土地収奪」などを挙げた施設もあった。

  • 混声合唱組曲悪魔の飽食(2013年04月23日 朝刊)

    池辺晋一郎さんが1984年に作曲した7章の大曲。旧日本軍による中国大陸での人体実験を掘り起こした作家森村誠一さんの同名ノンフィクションを題材としている。全国合唱団による全国縦断コンサートが95年に始まり、2003年の福井公演を機に県内の社会人や主婦らが福井合唱団を結成した。現在、団員70人が2年に1度の公演を続けている。

  • アウシュビッツ(2020年08月18日 朝刊)

    1940年にナチス・ドイツがポーランド人政治犯収容のためにポーランド南部に設立した強制収容所。その後、欧州中からユダヤ人やロマなど少なくとも130万人が連行された。連行者の9割を占めたユダヤ人の多くは、連行直後にガス室などで虐殺され、収容されたのは約20万人。重労働や飢餓、病気、人体実験、懲罰などでユダヤ人はほとんど生還できなかった。本収容所とビルケナウ収容所が、国立アウシュビッツ・ビルケナウ博物館として保存されている。79年に元収容所は世界文化遺産に登録された。囚人棟、ガス室などの跡地と、当時の史料や犠牲者の遺品が保存・展示されている。

最新ニュース

写真・図版

アウシュビッツとコロナ 歴史と向き合う日本人ガイド(2020/9/20)有料会員記事

 ポーランド南部にあるアウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所跡に、ただ一人の日本人ガイドがいる。中谷剛さん(54)。戦争を知らない世代の、それも日本人が、ナチスドイツによるホロコーストの歴史を伝える――…[続きを読む]

人体実験をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】回り道の量で変わってくる

    刈谷仁美さんインタビュー

  • 写真

    【&M】『夫のちんぽ』作家の幸福論

    「おしまいの地」での気付き

  • 写真

    【&TRAVEL】昼も夜もゴージャスなコース

    五つ星宿と1等車でスイス1周

  • 写真

    【&M】コンパクトながら「大きい」

    キャンピングカーの新星!

  • 写真

    【&w】ぶどうとすだちの黒酢酢豚

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日ヨルシカの新作「盗作」書評

    音楽と小説、新感覚の融合

  • 写真

    論座「まずは自助」ではないです

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこだわりの時計を扱う名店

    珠玉のビンテージが並ぶ

  • 写真

    T JAPANニューノーマル時代の美容

    斎藤薫さんが提案

  • 写真

    GLOBE+「コロナ汚職を許すな」

    野放しだった腐敗に変化の兆し

  • 写真

    sippo動物看護師ってどんな仕事?

    想像以上にユニークだった!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ