メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人口減にっぽん 近未来からの警告

 日本は本格的な「人口減時代」に入る。2040年代には「超高齢化」とともに、人口は1億人を割り込んでしまう。地方から都市への人口の流入は続き、人が増える地域は都会でも一部に集中する。出生率は都会ほど低い。日本の都市は、急速な「老い」に直面する。
 「人口減にっぽん」をどう生きるのか。

日本の人口推移と今後の予想

若年女性が半減し、消滅可能性のある自治体は896

  • 出生率は大都市部で低い
  • 出生率の推移
  • 4大都市圏の将来人口
  • 日本の2010年の年齢別人口と2040年の年齢別人口推計
地図は、国土交通省「国土画像情報」を基に作成
PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ