メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

人口減少

関連キーワード

  • 県の人口減少(2015年10月20日 朝刊)

    1920(大正9)年の第1回国勢調査では141万人。戦後間もない1955(昭和30)年にはピークの204万人に達した。それ以降、減少に転じ、75〜85年にはいったん増加に転じたものの、86年から再び減少し、98年からは死亡数が出生数を上回っている。2010年は170万人だった。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、40年には約23%減の131万人に。65歳以上が全人口に占める割合は年々増加し、40年には37・5%になるという。

  • 青森県の人口減少(2018年01月08日 朝刊)

    2015年の国勢調査によると、青森県の人口は約130万9千人。前回(10年)からの減少率4・7%は、全国ワースト3位だった。65歳以上の割合を示す高齢化率は30・1%(全国26・7%)。日本創成会議が14年に公表した推計人口では、県内40市町村のうち35市町村が「消滅の可能性がある」とされ、うち23町村は「消滅の可能性が高い」とされた。国立社会保障・人口問題研究所が13年に発表した推計人口は、40年に県の総人口は100万人を割り、高齢化率は40%を超えるとしている。

  • 新潟県の村(2009年02月23日 朝刊)

    市町村合併で少なくなり、現在、弥彦、関川、刈羽、粟島浦の四つになった。弥彦以外は過疎化によっていずれも人口減少が続いている。住民基本台帳に基づく調査によると、昨年3月末時点で関川は6969人、刈羽が4971人、粟島浦が365人。54年、関谷村と女川村が合併してできた関川村は当時約1万2千人がいたが、今はその6割になった。

最新ニュース

企業内起業を加速するイントレプレナー育成講座「Intorepreneur Start-up Camp」 本日開講!~谷口正和が塾頭を務める企業家精神を“創発”する学びの場~(2018/7/19)

30年以上にわたって生活者研究を続けてきた株式会社ジャパンライフデザインシステムズ(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長谷口正和)は、2018年7月19日(木)から8月23日(木)までの約1カ月間、企業…[続きを読む]

写真

  • 市は大学誘致などで中心市街地の活性化を図る=和歌山市、本社ヘリから
  • 緑色の車体が特徴の「めぐりん益野線」(右)は、両備グループの両備バスと似たルートを走る=岡山市東区、華野優気撮影
  • 市は大学誘致などで中心市街地の活性化を図る=和歌山市、朝日新聞社ヘリから
  • 当選後初めて臨んだ議会で所信表明する桑原悠町長=2018年7月18日午前10時12分、新潟県津南町の議場
  • 道路が冠水し、地下駐車場の入り口には水の流入を防ぐ止水板が設置された=和歌山市友田町、片田貴也撮影
  • 「介護離職ゼロ」などについて話し合った1億総活躍国民会議。左から2人目が安倍晋三首相=2015年11月、首相官邸、飯塚晋一撮影
  • 日本の地域生協の推移
  • 「チーム愛媛」
!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】完全ワイヤレスも手頃!

    コスパで選ぶイヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】蕗谷虹児ゆかりの城下町

    旅空子の日本列島「味」な旅

  • 写真

    【&M】母娘旅で心がオープンに

    新井恵理那のモロッコでの1枚

  • 写真

    【&w】蔵書とレコードを美しく収納

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日元祖「モガ」の人物像に迫る

    没後10年 石井桃子展

  • 写真

    WEBRONZA「民泊新法」がもたらすもの

    民泊に新たな秩序をもたらすか

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界のベストレストラン50

    日本人の最高位は17位「傳」

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+子どもの学校どうしよう

    子連れで特派員@ベトナム

  • 写真

    sippo施設前で鳴いていた子猫

    新入り“住み込みスタッフ”に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ