メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月05日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

介護予防

関連キーワード

  • 市町村介護予防強化推進事業(2012年11月26日 朝刊)

    要支援から要介護2までの比較的軽度の高齢者が対象。モデル事業は東京都世田谷区や荒川区、三重県いなべ市、岡山市など全国13市区町村が取り組んでいる。生駒市は、予防サービス(通所・訪問の組み合わせ)、生活支援サービス(買い物や掃除など)、転倒予防教室、食事会(ひまわりの集い)などを2年間実施し、その結果を踏まえ2014年度からの介護保険事業計画に盛り込むことを検討する。

  • 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)(2016年04月16日 朝刊)

    介護保険の要支援1〜2と、介護保険対象外の高齢者向けのサービス。訪問型や通所型などがあり、市町村ごとに、住民やNPOを活用しながら、内容や単価を決め、多様なサービスを提供できる。2017年度までに全市町村での実施が決まっている。

  • 要介護認定(2014年03月05日 朝刊)

    2000年度に導入された介護保険制度に基づき、軽い方から要支援1〜2と要介護1〜5の7段階に分けられる。市区町村に申請した後、調査員による聞き取りや主治医の意見書を元に、市区町村ごとの介護認定審査会が判定する。認定されると必要度や費用に応じてホームヘルパーなどの介護サービスや、介護予防サービスが受けられる。

最新ニュース

写真・図版

地域密着ケア、「3密」越えて 高齢者とつながり模索(2020/6/4)会員記事

 新型コロナウイルスの影響で、高齢者らのケアに地域密着で取り組む福祉団体の活動が壁にぶつかっている。外出自粛や「3密」の回避で、交流拠点での集いは軒並み中止。顔を合わせ、つながることを大切にする活動理…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ