メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

介護保険

関連キーワード

  • 介護保険(2013年11月06日 朝刊)

    ホームヘルパーや介護施設といった介護保険のサービスは、65歳以上が受給の対象だが、40〜64歳の人も末期がんや認知症など、特定の疾患により介護が必要な人は利用できる。厚生労働省によると、2011年度で高齢者で介護や支援が必要だと認定されているのは515万人。40〜64歳は16万人が認定されている。*「団塊の世代」が75歳以上になり、医療・介護の提供体制が追いつかなくなる「2025年問題」について考える企画を続けていきます。介護や在宅医療などのご体験、ご意見を募集します。朝日新聞横浜総局「2025年問題取材班」あてに、郵送かファクス、メールでお願いします。

  • 韓国の介護保険制度(2009年08月12日 朝刊)

    介護サービスを利用できるのは、原則として65歳以上の高齢者(65歳未満で、認知症などで6カ月以上、自立して日常生活を送るのが困難な場合、利用できる)。09年5月時点で、65歳以上の人口の5%に当たる約25万9千人が要介護認定を受け、うち78%、約20万2千人がサービスを利用している。財政負担は基本的に保険料でまかなうが、予想保険料収入の20%相当を国庫から負担する。

  • 末期がんと介護保険(2010年07月07日 朝刊)

    介護保険を利用できるのは原則65歳以上だが、2006年度以降、「がん末期」と診断されれば、40歳以上が利用できる。申請から認定までは平均31.3日。急を要する末期がんなどの人たちは、申請直後に暫定のケアプランをたて、認定が出る前に介護サービスを受けられる。

最新ニュース

千葉)識別できないよう個人情報加工し民間に提供 市川(2019/8/18)有料記事

 千葉県市川市は、保有する個人情報を特定の個人が識別できないよう加工したうえで、民間事業者の提案に応じて提供する制度を県内で初めて新設した。新産業や新サービスの創出に活用してもらい、市民生活の利便性向…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ