メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

仮想空間

関連キーワード

  • 仮想空間ビジネス(2010年05月27日 夕刊)

    インターネット上のコンピューター・グラフィックスでつくられた街で、参加者が自分の分身「アバター」を操り、仮想通貨で買い物したり、他の参加者と会話したりできる。事業者は仮想空間内の「土地」などを参加者に売り、収益を上げる。米国リンデンラボ社の「セカンドライフ」が先駆けとされ、国内では、人気スポットを再現した「アメーバピグ」、東京23区の「ミートミー」が代表格。初期費用はいらず、一般的なパソコンがあれば参加できる。

  • ビズ社の仮想空間をめぐるマルチ商法(2010年04月22日 夕刊)

    仮想空間ビジネスは、米リンデンラボ社が03年に始めた「セカンドライフ」が、3D(3次元)の空間内で商取引や人的交流ができるとして注目された。ビズ社は、ネット上につくった日本列島そっくりの仮想空間「エクシングワールド」内で、会員が不動産ビジネスなどで収入を得ることができ、新規会員を勧誘すればボーナスも入るとしてDVDなどを購入させるマルチ商法を展開した。消費者庁は昨年11月、特定商取引法違反(不実告知など)にあたるとしてビズ社に6カ月間の一部業務停止を命令した。

  • アメーバピグ(2012年07月06日 朝刊)

    サイバーエージェント(東京)が運営。2009年にサービスを開始し、現在の会員数は約1200万人。サイト上の仮想空間で、自分好みのアバター(キャラクター)を作り、他の会員と会話したり、ゲームをしたりして楽しめる。現実の金をサイト内で流通する仮想通貨に換え、アバターの服の着せ替えや、ゲームの進行に役立つアイテム購入などに使うことができる。

最新ニュース

写真・図版

男性会社員は「美少女」になった 理想の顔で生きるまで(2021/1/7)有料会員記事

 1秒に1人のペースで女性の顔が生み出される。まるで万華鏡のようにパソコン画面に現れては、消えていく。人工知能(AI)を使って、架空のアイドルの高解像度画像を自動で生成する技術だ。 実在するアイドルの…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&w】さっぱり味のしょうが焼き

    冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    【&TRAVEL】南紀白浜の伊勢エビに感激

    はなのたびたび旅日記

  • 写真

    【&M】「儲かる」は重要ではない

    加速する“閉じる仕事”

  • 写真

    【&w】ビジネスシステムの限界?

    ピエール・カルダン死去の意味

  • 写真

    好書好日子育てに本当に役立つ本を

    カリスマ保育士てぃ先生

  • 写真

    論座コロナ罰則で感染者は増える

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン町田啓太と共に育ちゆくモノ

    バッグと革小物。②

  • 写真

    Aging Gracefully俳優・吉田羊インタビュー

    公私ともに挑戦の日々がつづく

  • 写真

    GLOBE+イタリア、孤立する被災者

    遅れる復興、コロナが追い打ち

  • 写真

    sippo奄美の猫救う譲渡型猫カフェ

    人のため動物が処分されぬよう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ