メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

会計年度

関連キーワード

  • 会計年度任用職員(2020年01月20日 朝刊)

    今年4月に施行される改正地方公務員法で新たにスタートする制度。地方自治体で働く非正規公務員の採用根拠を明確にすることが目的の一つ。2016年時点で約64万人いる非正規公務員のほとんどが会計年度任用職員に移るとみられている。地方自治法も同時に改正され、ボーナスや退職手当を支払うことができることもはっきりさせた。パートタイムの会計年度任用職員はボーナス、フルタイムの場合はボーナスだけでなく退職金など他の手当も対象になる。

  • 双子の赤字(2008年11月08日 朝刊)

    財政収支(政府の歳入・歳出の帳尻)と、経常収支(輸出入など対外取引の帳尻)が、ともに赤字になっている状態。米国では80年代のレーガン政権下で大問題となり、その後も一時期を除いて歴代政権の構造的な課題とされ、他国からも是正を求められている。米国の財政赤字は、現ブッシュ政権下でイラク戦争の経費や景気刺激策の減税で膨れあがり、08会計年度には5千億ドル(約50兆円)に迫って過去最大に。経常赤字の主因である貿易赤字は、06年まで5年連続で過去最大を更新したが、07年はやや減少に転じて7116億ドル(約71兆円)となった。

  • 米予算教書(2009年02月27日 朝刊)

    米大統領が毎年議会に示す翌会計年度の予算案。米国では議会が予算を作るため、大統領には予算法案を提出する権限がない。大統領が必要と思う政策や歳入歳出の見積もりを議会に示し、それに沿った予算編成を議会に促す「勧告」の性格が強い。議会は教書を受け予算法案の作成にかかり、大枠を決める予算決議を採択。個別の歳出法案や歳入関連法案を審議する。

最新ニュース

気候変動対策の増額求める バイデン政権、予算要望を提出(2021/4/11)会員記事

 バイデン米大統領は9日、2022会計年度(21年10月~22年9月)の予算のうち「裁量的経費」に関する予算要望を米議会に提出した。政権の優先順位を反映して毎年度決める経費で、前政権が消極的だった気候…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】試写会プレゼント

    吉永小百合『いのちの停車場』

  • 写真

    【&TRAVEL】八王子城が名城の理由とは?

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】ジュジャーロがデザイン

    3人乗りのスポーツMPV

  • 写真

    【&w】横浜の見逃せないデパ地下

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日呪術廻戦の両面宿儺とは?

    考古学で読み解く怪人の正体

  • 写真

    論座「規則正しいレイプ」とは

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン休日はジャケットで

    ドレスダウンが新ルール!?

  • 写真

    Aging Gracefully上手にキレイを更新

    髪の変化を受け入れる

  • 写真

    GLOBE+ソ連版スペースシャトルも

    ロシアに残る宇宙大国の歴史

  • 写真

    sippo譲渡先が見つからない黒猫

    家族を支え、世話を焼く存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ