メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

住吉区

関連キーワード

  • 大阪・東住吉の女児放火殺人(2012年03月07日 夕刊)

    95年7月、大阪市東住吉区で住宅火災が起き、当時小学6年生だった青木めぐみさんが死亡。大阪府警は生命保険金目当てで殺害したとして、母親の青木元被告と内縁の夫だった朴元被告を殺人と現住建造物等放火などの疑いで逮捕した。一、二審判決は、2人が自宅車庫にガソリンをまいて放火し、浴室の風呂に入っていためぐみさんを焼死させたと認定。捜査段階で朴元被告は「保険金をマンション購入に充てようとした」などと犯行を認める供述をしていたが、2人とも公判では一貫して無罪を主張。朴元被告の弁護側は一審の初公判で「自白は捜査官の暴行や違法な身柄拘束に基づくもので、任意性も信用性もない」と述べた。

  • 東住吉再審事件(2016年07月28日 朝刊)

    青木恵子さんと、同居していた朴龍晧さんは1995年7月22日、大阪市東住吉区の自宅に放火し、長女で小学6年の青木めぐみさん(当時11)を保険金目的で殺害したとする殺人と現住建造物等放火、詐欺未遂の罪に問われ、2006年に最高裁で無期懲役が確定した。2人は捜査段階でいったん容疑を認めたが、公判では無罪を主張した。弁護団は09年、「自然発火の可能性がある」と主張。無罪を言い渡すべき明らかな新証拠が見つかった時に開かれる「再審」を請求し、12年に大阪地裁は再審開始を決めた。大阪地検は即時抗告したが、大阪高裁も地裁の決定を支持。今年4月から始まった再審で、検察側は有罪主張を取り下げた。

  • 東住吉再審(2016年04月28日 夕刊)

    1995年7月、大阪市東住吉区の自宅風呂場で小6女児が焼死。大阪府警は保険金目的の放火殺人とみて青木さんと朴さんを逮捕。2人は捜査段階で一時「自白」をしたが公判で否認。だが、朴さんの自白調書などが重視され、2006年に最高裁で2人の無期懲役が確定した。大阪地裁は12年3月、弁護団の燃焼実験をもとに自然発火の可能性を認めて再審開始を決め、大阪高裁も昨年10月にこれを支持。2人は20年ぶりに拘束を解かれ、釈放された。

最新ニュース

写真・図版

ナニワの風呂屋はテーマパーク 極めつきは人間乾燥室?(2020/2/14)有料会員限定記事

■「まだまだ勝手に関西遺産」 扉を開ければ湯気の向こうには、大小いくつもの湯船が。奥にはサウナやジェットバスがひしめく。大阪の路地裏は、テーマパーク顔負けの銭湯であふれている。お湯につかるだけじゃもっ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】大分の高級ブランド牛を食う

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】アカデミー賞結果を深掘り

    原田泰造×コトブキツカサ

  • 写真

    【&w】記念イベントを開催します!

    東京の台所

  • 写真

    好書好日「看板建築」を探しに行こう

    約60件紹介「看板建築図鑑」

  • 写真

    論座消費増税とコロナと複合不況

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンイソップが新宿に新オープン

    CEOが語るブランディング

  • 写真

    T JAPANアンソニー・ウォンのいま

    『淪落の人』で新境地を披露

  • 写真

    GLOBE+進む少子化、中国に迫る危機

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo犬猫に快適な保護施設へ

    モデル松島花さんが取材

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ