メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

佐川宣寿

関連キーワード

  • 昭恵氏との写真提示、政治家にも口利き依頼(2019年02月10日 朝刊)

    学校法人森友学園は2013年、小学校の開校を目指し、大阪府豊中市の国有地の取得を財務省近畿財務局に要望した。その後の交渉で学園の当時の理事長、籠池泰典被告は、交流のあった安倍晋三首相の妻、昭恵氏と現地で撮った写真を財務局に提示。複数の政治家にも口利きを頼んだ。財務局は15年5月、10年以内の売却を前提とする貸し付け契約を結んだ。省の内規から外れる特例で、本省理財局が承認した。15年9月に昭恵氏が小学校の名誉校長に就任。学園側は、昭恵氏付の政府職員を通じて賃料の減額などを財務省に要望した。12月には小学校の建設が始まった。16年3月、学園は土地から「ごみが見つかった」と財務局に連絡。6月の棟上げ式に昭恵氏を招くとし、工期がずれ込めば損害賠償を求める構えを見せた。財務局は6月、鑑定価格9億5600万円からごみ撤去費8億1900万円などを差し引いた1億3400万円で土地を売却した。財務局は売却額を非公表にした。特例の貸し付けや大幅値引き、土地代の分割払いなど、学園側に有利な条件が執と実現していた。問題が表面化した後、財務省は取引の決裁文書を改ざんし、学園との交渉記録を廃棄。取引や改ざんを捜査していた大阪地検特捜部は18年5月、佐川宣寿・元理財局長ら捜査対象の38人全員を不起訴にしたが、その判断が妥当かどうか検察審査会が審査している。

最新ニュース

(社説)開かれぬ国会 政権は論戦に応じよ(2019/9/4)

 通常国会が閉会してから2カ月が過ぎた。内外の課題が山積しているというのに、政府・与党はいつまで国会の夏休みを続けるつもりなのか。臨時国会を早期に開き、国民の前で徹底した議論を始めるべきだ。 政府・与…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ