メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

佐藤栄作

関連キーワード

  • 非核三原則と核密約(2009年09月21日 朝刊)

    核兵器を「作らず、持たず、持ち込ませず」という非核三原則は67年12月、当時の佐藤栄作首相が衆院予算委で表明し、翌年1月の施政方針演説に盛り込んだ。その後、唯一の被爆国日本の「国是」として扱われるようになった。しかし、佐藤政権の64〜72年は、「核密約」が成立し、核の寄港・通過を認めた時期と重なる。「持ち込ませず」は、最初から本土への核配備にしか適用されていなかったことになる。佐藤氏は74年、三原則などが評価され、ノーベル平和賞を受賞した。

  • 現憲法下の首相の在任期間(2010年06月06日 朝刊)

    最短は羽田孜氏の64日(1994年4〜6月)。社会党の連立離脱による政権運営の行き詰まりが原因だった。続く65日は石橋湛山氏(56年12月〜57年2月)、69日は宇野宗佑氏(89年6〜8月)。鳩山氏ら最近の4首相はいずれも期間の短い順に10位以内に入る。最長は佐藤栄作氏の2798日(64年11月〜72年7月)。

  • 嘉村礒多(1897〜1933)(2010年09月25日 朝刊)

    農家の跡取り息子に生まれ、後に首相となる岸信介、佐藤栄作と同じ時期に旧制山口中学に学ぶが中退。仁保に戻って暗い青春時代を過ごし、親鸞にも入れ込んだ。やがて妻子と古里を捨てて、愛人と東京に駆け落ち。貧しさ、病に苦しみながら、短い生涯の中で、自身の境遇を下敷きにした「業苦」「途上」「崖の下」など文学史に残る私小説を残した。作品では山口のことを「Y県」「Y町」と記している。

最新ニュース

写真・図版

首相が野党から奪おうとするものとは 麻生氏が公言する(2020/2/2)有料記事

■日曜に想う 編集委員・曽我豪 長蛇を逸するのはこれで何度目か。 長期政権の綻(ほころ)びは誰の目にも明らかなのに、野党は立憲民主、国民民主両党の合流一つ答えを出せない。政策論争の末ですらないのだ。対…[続きを読む]

佐藤栄作をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】エメラルド色の水にうっとり

    魅せられて 必見のヨーロッパ

  • 写真

    【&M】“名”レーシングカー

    ジャガーDタイプ

  • 写真

    【&w】食べるのがもったいない

    小豆そのままの生きんつば

  • 写真

    好書好日五輪・最後の出場枠への決意

    プロサーファー野中美波さん

  • 写真

    論座死について語り合おう

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN片岡孝太郎から千之助へ

    新時代へ家の芸をつなぐ

  • 写真

    GLOBE+笑顔で謝るあの子は誰?

    工事現場看板の笑顔の理由

  • 写真

    sippo林に捨てられ骨折していた猫

    それでも見つかった温かな家

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ