メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

体罰問題

関連キーワード

  • 相原中の体罰問題(2013年11月21日 朝刊)

    22人の柔道部員の多くは、相武館吉田道場2階の寮に暮らしている。道場の館長とコーチは市教委から外部指導者の委嘱を受け、部の公式戦にも同行していた。9月20日、「道場の指導者による体罰が常態化している」との通報が市教委に寄せられた。10月9日、学校が部員にアンケートしたところ、3人が館長から暴力を受けたと訴えた。同17日に校長らが館長に再発防止を申し入れ、館長は外部指導者の辞意を表明。校長や市教委は留保したが、結局、辞任願を受理した。

  • 桜宮高校体罰問題(2013年01月27日 朝刊)

    昨年12月、バスケットボール部主将の2年の男子生徒(17)が顧問の男性教擁47)から体罰を受けた翌日に自殺。顧問による体罰が日常的だったことが明らかになり、大阪市教委は橋下徹市長の求めに応じ、体育科とスポーツ健康科学科の今春の入試をとりやめた。

  • 部活の体罰問題(2019年03月07日 朝刊)

    大阪市立桜宮高バスケットボール部主将が顧問から体罰を受けて自殺した事件などをきっかけに、2013年に社会問題化。日本体育協会(現・日本スポーツ協会)などは同年4月に「スポーツ界における暴力行為根絶宣言」を採択。「殴る、蹴る、突き飛ばす」のほか、「言葉や態度による人格の否定、脅迫、威圧、いじめや嫌がらせ」などを「暴力行為」と定義。指導者についても「暴力行為が指導における必要悪という誤った考えを捨て去る」とした。

最新ニュース

不祥事8件処分 日本学生野球協会(2021/5/15)会員記事

 日本学生野球協会は14日、審査室会議をオンラインで開き、高校8件の不祥事について処分を科した。 【謹慎6カ月】愛産大工(愛知)の監督=3月29日から、部外体罰(部長は報告遅れで4月15日から1カ月)…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ