メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

体罰問題

関連キーワード

  • 相原中の体罰問題(2013年11月21日 朝刊)

    22人の柔道部員の多くは、相武館吉田道場2階の寮に暮らしている。道場の館長とコーチは市教委から外部指導者の委嘱を受け、部の公式戦にも同行していた。9月20日、「道場の指導者による体罰が常態化している」との通報が市教委に寄せられた。10月9日、学校が部員にアンケートしたところ、3人が館長から暴力を受けたと訴えた。同17日に校長らが館長に再発防止を申し入れ、館長は外部指導者の辞意を表明。校長や市教委は留保したが、結局、辞任願を受理した。

  • 桜宮高校体罰問題(2013年01月27日 朝刊)

    昨年12月、バスケットボール部主将の2年の男子生徒(17)が顧問の男性教擁47)から体罰を受けた翌日に自殺。顧問による体罰が日常的だったことが明らかになり、大阪市教委は橋下徹市長の求めに応じ、体育科とスポーツ健康科学科の今春の入試をとりやめた。

  • 部活の体罰問題(2019年03月07日 朝刊)

    大阪市立桜宮高バスケットボール部主将が顧問から体罰を受けて自殺した事件などをきっかけに、2013年に社会問題化。日本体育協会(現・日本スポーツ協会)などは同年4月に「スポーツ界における暴力行為根絶宣言」を採択。「殴る、蹴る、突き飛ばす」のほか、「言葉や態度による人格の否定、脅迫、威圧、いじめや嫌がらせ」などを「暴力行為」と定義。指導者についても「暴力行為が指導における必要悪という誤った考えを捨て去る」とした。

最新ニュース

写真・図版

愛媛)県高野連新会長に松山商校長の忽那氏(2019/4/20)

 愛媛県高校野球連盟は19日、松山市内で評議員会を開き、新しい会長に松山商の忽那浩校長(57)を選任した。新しい副会長には宇和の山下博司校長が選ばれ、檜垣伸人副会長(今治西)、谷本勝幸副会長(帝京五)…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】結婚か退職か、恩師の助言は

    花のない花屋

  • 写真

    【&TRAVEL】岩のせり出す山道を探検!

    美しく険しいフランスの渓谷

  • 写真

    【&M】いすゞベレット1600MX

    小川フミオ「世界の名車」

  • 写真

    【&w】美食を発信する気鋭のシェフ

    地元ならではの恵み〈PR〉

  • 写真

    好書好日「100万回生きたねこ」?

    滝沢カレンさんが超解釈

  • 写真

    論座野生ネコの害をめぐる悩み

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    「菓実の福」のフルーツ大福

  • 写真

    T JAPAN老舗酒蔵のヘルシードリンク

    気になる悩みをサポート

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo元保護犬・保護猫がいる家

    夫婦が動物を選ぶ基準とは

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ