メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

体験学習

関連キーワード

  • キトラ古墳(2013年11月07日 朝刊)

    1983年と98年、2001年のカメラによる調査で、方角の守護神「四神」、獣頭人身の「十二支像」、東アジア最古とされる「天文図」の壁画が見つかった。高松塚古墳(特別史跡、同村平田)に次いで、国内2例目の極彩色の本格的な壁画。壁画の描かれたしっくいが崩落寸前で、文化庁が04年に壁画のはぎ取りを決定。10年にはぎ取りを終えた。壁画は仮設施設で修理中だが、古墳近くに16年度中に完成する「体験学習館(仮称)」で保存・展示される予定。

  • 基礎学習(2014年01月06日 朝刊)

    公立学校でいう「算数」や「国語」などの授業のこと。学園では「算数」は「かず」、「国語」は「ことば」と呼ぶ。「プロジェクト」と呼ばれる体験学習を基本に据えるため、「算数」や「国語」では生活感が出ないためという。中学校では基礎学習は学年ごとに分かれ、「国語」「社会」「数学」と呼び名こそ変わるが、授業の進め方は小学校と変わらない。学園では、国公立や私立の高校に進学した、きのくに子どもの村中学校の卒業生の成績を追跡調査した。過去3年間の卒業生45人の期末試験の成績は、平均で214人中17番。11年度の卒業生15人は平均で287人中33番だったという。

  • 土方歳三(2014年09月05日 朝刊)

    江戸幕府が幕末の京都警備のために浪人を集めて作った新選組の副長。局長・近藤勇とともに反幕府派弾圧の中心になった。戊辰(ぼしん)戦争で各地を転戦し、函館・五稜郭(ごりょうかく)の戦いで戦死。日野市の生家敷地内に土方歳三資料館(http://www.hijikata−toshizo.jp/)がある。日野市郷土資料館(042・592・0981)の「石田散薬」づくり体験学習会は毎年7月下旬にミゾソバ刈り、8月下旬に薬づくり。先着30人。無料。

最新ニュース

写真・図版

餅ひっぱり合って願いごと 鹿児島の伝統行事、子に笑顔(2019/9/13)

 五穀豊穣(ほうじょう)を農耕の神「田の神さあ」に祈願し、子どもたちがつきたての餅を口にくわえて引っ張り合う伝統行事「餅ひっぱれ」が13日、鹿児島県日置(ひおき)市吹上町の小野地区であった。田の神を喜…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ