メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

使用者責任

関連キーワード

  • 民法の使用者責任と改正暴力団対策法(2011年05月02日 夕刊)

    民法は「使用者は、被用者(雇われている人)が事業の執行について第三者に加えた損害の賠償責任を負う」と定めている。暴力団の代表者への損害賠償責任の追及は、この規定に基づいて可能となる。08年に実施された改正暴力団対策法で、抗争事件での巻き添えだけでなく、組員が暴力団の威力を利用した資金獲得活動で他人の生命や財産を侵害した場合も、組織の代表者に賠償責任を負わせられるようになった。

  • 国鉄改革とJR不採用問題(2017年06月23日 朝刊)

    1987年の国鉄分割・民営化でJR7社が誕生。JR各社に不採用となり、90年に国鉄清算事業団も解雇された国労組合員ら1047人が職場復帰を求めた。各地で「国労所属による採用差別があった」などと訴え、各地の地方労働委員会や中央労働委員会は不当労働行為を認め、救済命令を出したが、JR各社は裁判で対抗。最高裁は2003年、国鉄とは別法人だとしてJRの使用者責任を否定した。組合側は事業団を引き継いだ鉄道建設・運輸施設整備支援機構を相手に損害賠償請求訴訟を続け、民主党政権下の10年、政治決着した。1人平均約2200万円の解決金が支払われた。

最新ニュース

「村八分」、賠償命令 元区長3人に 大分地裁支部(2021/5/26)会員記事

 大分県宇佐市にUターンした元公務員の男性(72)が、集落の住民から「村八分」の扱いを受けたとして元区長3人と宇佐市を相手取って慰謝料など330万円を求めた訴訟で、大分地裁中津支部(志賀勝裁判長)は2…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】文化財銭湯の「聖地」舞鶴へ

    ニッポン銭湯風土記 京都

  • 写真

    【&w】家族のLINEへひと言だけ

    花のない花屋

  • 写真

    【&Travel】瀬戸内海を見渡す無人駅

    海の見える駅 徒歩0分の絶景

  • 写真

    【&M】スパイス感しっかりのカレー

    カマル2号(東京・亀戸)

  • 写真

    【&w】一瞬で心惹かれた出会い

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日新聞に載ったニセ・ニセ広告

    進撃の巨人、単行本完結を記念

  • 写真

    論座想像力で弱点を見抜け原発

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスパーソン意識調査

    クールビズでの半袖シャツ

  • 写真

    Aging Gracefullyペタンとした髪を救済

    ヘアケアで理想のスタイルに

  • 写真

    GLOBE+出演者は男女同数

    BBCが取り組み始めたわけ

  • 写真

    sippo愛するペットとの別れ

    どう受け入れたら 住職に聞く

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ