メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

侵略行為

関連キーワード

  • 武力行使の背景(2011年03月21日 朝刊)

    国連憲章第7章は、安全保障理事会が平和への脅威や平和の破壊、侵略行為を認めた場合、武力行使を含む強制措置をとることができると定めている。リビア問題で17日に採択された安保理決議は、この条項を発動し、政府軍の空爆から市民を守るため、地上軍の侵攻を除く「必要なすべての措置」をとることを加盟国に認め、具体的には飛行禁止空域を順守させる措置を講じる権限を与えている。

  • 国連憲章第7章(2013年09月28日 朝刊)

    国連安保理が平和への脅威や破壊、侵略行為を認めた時に取れる行動を定める。経済制裁などの非軍事的措置や、平和的手段が尽くされた場合の軍事的措置を認める。

  • 周辺事態の6類型(2015年05月28日 夕刊)

    政府が1999年に示した「周辺事態」の具体例。(1)日本周辺地域で武力紛争が発生した(2)武力紛争の発生が差し迫っている(3)武力紛争は停止したが、秩序の回復・維持が達成されていない(4)ある国で内乱や内戦が発生し、国際的に拡大している(5)ある国で政治体制の混乱で大量の避難民が発生し、日本への流入の可能性が高まっている(6)ある国の行動が国連安保理によって平和に対する脅威や破壊、侵略行為と決定され、安保理決議で経済制裁の対象となる——を日本の平和と安全に重要な影響を与える6類型とした。

最新ニュース

終戦の日、熱海の「もうひとつの靖国」を訪ねた(2019/8/18)

令和最初の「8・15」 令和最初の「8・15」。全国戦没者追悼式での安倍首相の式辞には7年連続で近隣諸国への加害への言及や「反省」の文字がなかった。 一方、新天皇は平成時代の表現を受け継ぎ「深い反省」…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ