メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

保護主義

関連キーワード

  • 重商主義(2010年12月02日 朝刊)

    国家が積極的に産業を保護・育成し、輸出を増やして国を富ませようとする経済思想。16〜18世紀の欧州で盛んだったが、輸入を厳しく制限する保護主義の弊害も招いた。米ピーターソン国際経済研究所のバーグステン所長は、輸出主導の現在の成長戦略を「新重商主義」と批判した。

  • ダボス会議(2019年11月15日 朝刊)

    非営利団体の世界経済フォーラム(WEF、本部・ジュネーブ)が毎年1月ごろにスイス・ダボスで開く年次総会。世界から経営者、政治家、学者らが集い、経済や環境、テロ、貧困など地球規模の問題解決に向け話し合う。2017年には中国の習近平(シー・チンピン)国家主席が初参加し、保護主義的な政策に傾く米国を牽制(けんせい)して話題となった。

最新ニュース

写真・図版

米国の豚肉、コロナでピンチ 加工施設、相次ぐ停止(2020/5/21)会員記事

 新型コロナウイルスの影響で米国の食肉加工施設の操業停止が相次ぎ、豚肉などの流通が滞っている。トランプ大統領の大統領令もあって操業は再開し始めたが、従業員の感染の不安から供給は伸び悩む。低価格と効率を…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ