メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

倉敷市

最新ニュース

岡山)豪雨1年、犠牲者悼む式典 7月6日に倉敷・総社(2019/5/22)

 倉敷市は21日、西日本豪雨の発生1年となる7月6日に、犠牲者を追悼する式典を市真備支所(同市真備町箭田)で行うと発表した。真備町地区を中心に、市内で亡くなった59人(うち災害関連死7人)を悼み、復興…[続きを読む]

関連キーワード

  • ヴィッセル神戸(2011年01月08日 夕刊)

    ジャパンフットボールリーグ(JFL)の川崎製鉄(岡山県倉敷市)が母体。Jリーグ入りを目指して1995年1月に結成したが、直後に阪神大震災があり、メーンスポンサーのダイエーが運営から退くなど、発足当初から存続が危ぶまれた。97年シーズンにJリーグ入りを果たしたが、その後は成績が下位に低迷し、観客数も伸びずに業績が悪化。2004年、楽天の三木谷浩史会長兼社長が設立した会社が買収して再建に乗り出した。昨シーズンも苦戦を強いられたが、最後の7試合を4勝3分けで乗り切り、最終節でJ1残留をつかんだ。チーム名は英語の「vessel(大型船)」と「victory(勝利)」を合わせた造語で、ミナト神戸をイメージしている。

  • 中核市(2017年06月04日 朝刊)

    政令で指定された人口20万人以上の市。野犬の捕獲、飲食店の営業許可、障害者手帳の交付などの権限が認められる。2017年1月1日現在、兵庫県姫路市や岡山県倉敷市など48市が指定されている。鳥取市は中核市移行の利点として、住民サービスの向上やイメージアップなどを挙げている。

  • 三菱自動車水島製作所(2016年05月07日 朝刊)

    三菱重工業が1943年に開設した航空機工場が前身。岡山県倉敷市の水島コンビナートにある。2015年度の年間生産台数は約30万台で、大半が軽自動車。00年度は50万台以上だったが、リコール隠し問題やリーマン・ショックなどで減少している。いまの社員は約3500人。三菱自はそのうち軽の生産を担う約1300人に自宅待機を命じ、労働組合に賃金削減を示した。地元経済との関わりが深く、倉敷市は関連中小企業向けに緊急の融資制度を設けた。

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ