メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

借入金

関連キーワード

  • 8億円借入金問題(2014年04月18日 朝刊)

    渡辺喜美前代表がみんなの党を立ち上げた後の2010〜12年、化粧品大手会長から合計8億円を借りた問題。12年にはこのうち2億5千万円を党本部に貸し付けた。渡辺氏は「個人の借り入れ」と主張しているが、問題の責任を取って今月7日に代表を辞任した。

  • 県債償還金(2008年10月01日 朝刊)

    政令指定都市へ移行する際、管理が移譲される国・県道整備のために、過去に発行した県債の残高の一部を負担することが最近では慣例となっている。特にルールはないが、政令指定都市へ移行した静岡市、浜松市、09年4月に移行予定の岡山市などでは過去7年分を負担している。相模原市の場合も過去7年分で落ち着いた。県と市の協議で、津久井地域の国・県道整備の負担金約28億円、津久井赤十字病院の建設借入金返済残額約42億円などの県独自事業計約80億円について、市が移行後に肩代わりすることなった。県側はこの点を考慮し、7年分の県債残高約330億円からこの分を差し引いた約250億円が、実際に相模原市が負担する金額となった。

  • プライマリーバランス(2008年10月17日 朝刊)

    基礎的財政収支。借入金を除いた税金などの正味の歳入と、借入金返済のための元利払いを除いた歳出の収支。収支が均衡していれば、財政が健全であることを示す。政府は2011年度の黒字化を目指してきた。

最新ニュース

写真・図版

新潟)誤算のスギ値下落、県が提案「売却を40年先に」(2019/10/16)有料記事

 計画の見通しの甘さから返済が見込めない多額の債務を抱える新潟県農林公社の「分収林事業」。公社に出資する県は契約期間を40年延ばしてその間に負債を減らそうともくろむが、それでも将来、約200億円の借金…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ