メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

先物取引

関連キーワード

  • 先物取引(2011年03月11日 朝刊)

    「1カ月先」や「6カ月先」に、前もって決めた価格で売買することを約束する取引。先物で売った人はその後に実際の価格がより下がっても損をしない。逆に実際の価格が上がると売った人は損をするが、先物で買った人は事前に安く買えたことになり、もうかる。原油や金、大豆など商品のほか、日経平均株価のような株価指数を対象にした先物取引がある。先物取引や、将来の売買の権利を取引する「オプション」、為替や債券などの売買を組み合わせた取引などを「デリバティブ(金融派生商品)」と呼ぶ。1730年ごろにでき、コメを売買した大阪の堂島米会所が世界初の本格的な先物市場と言われる。大証はその伝統を受け継ぎ、1987年に国内初の株式先物を始めた。

  • コメ先物取引(2017年08月08日 朝刊)

    江戸時代の1730年、大阪の「堂島米会所(こめかいしょ)」が世界で初めて組織的に先物取引を行ったとされる。戦前にいったん廃止されたが、2011年8月、東京穀物商品取引所と関西商品取引所(現・大阪堂島商品取引所)がそれぞれ、試験上場。その後、堂島取引所が東京穀物商品取引所から引き継いだ。これまで、13年と15年に試験上場を延長している。

  • コメ先物取引(2017年08月08日 朝刊)

    江戸時代の1730年、大阪の「堂島米会所(こめかいしょ)」が世界で初めて組織的に先物取引を行ったとされる。戦前にいったん廃止されたが、2011年8月、東京穀物商品取引所と関西商品取引所(現・大阪堂島商品取引所)がそれぞれ、試験上場。その後、堂島取引所が東京穀物商品取引所から引き継いだ。これまで、13年と15年に試験上場を延長している。

最新ニュース

写真・図版

オミクロン・ショックで株価は乱高下、原油も急落 景気への打撃懸念(2021/12/2)有料会員記事

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が、回復の道を歩み始めた世界経済を揺るがしている。主要市場の株価は乱高下し、景気の先行指標でもある原油の先物価格も大幅に下がっている。背景には、新型コ…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】明かりが揺らめくランタン

    20名様にプレゼント

  • 写真

    【&Travel】にっぽん丸30年、富士絶景

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&Travel】ラップランドの冬の風景

    フィンランドを旅して

  • 写真

    【&M】AWA2021で対談

    Twitter笹本氏×日産星野氏

  • 写真

    【&w】柚子香るスフレチーズケーキ

    料理家・冷水希三子の何食べたい?

  • 写真

    好書好日140字レシピができたわけ

    寿木けい「土を編む日々」

  • 写真

    論座真鍋さんは日本を支えてきた

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン気温10度に適した服装とは?

    おすすめコーディネート紹介

  • 写真

    Aging Gracefully仕事や家族、将来のこと

    何気ない日常生活の物語<PR>

  • 写真

    GLOBE+テキサス州中絶禁止法で暗雲

    おびえる保守派の政治家たち

  • 写真

    sippo仲良しな猫と子どもに憧れて

    猫をごっご遊びに巻き込んだ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ