メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

光化学

関連キーワード

  • 光化学オキシダントと煙霧(2012年05月16日 夕刊)

    光化学オキシダントは目やのどの粘膜を刺激するため、大気中の濃度が0・12ppm以上になると都道府県が注意報を出す。国内で排出された物質が原因の場合は風が弱い日に起こりやすい。煙霧は乾いた微粒子で空が白く濁り、視界が10キロ未満になる状態で、水分が原因の霧やもやとは区別される。大気中のちり、砂、化学物質など原因は様々。大陸から飛来した微粒子が原因になる場合もある。

  • 光化学オキシダント(2013年09月05日 朝刊)

    光化学スモッグの指標とされ大部分はオゾンからなる。主に5〜9月、気温25度以上の時に発生しやすい。目やのどの痛みを引き起こすほか、植物にも葉に白い斑点が出たり、茶色く変色して抜け落ちたりするなど影響がある。日本では70年に東京都で初めて確認された。環境基準では、濃度の1時間平均値0.06ppm以下と定められており、基準を超過すると、注意報(0.12ppm以上)、警報(0.24)、重大緊急警報(0.40)が発令される。

最新ニュース

山形)米沢で「4Dマテリアル」の国際会議 26日から(2018/8/26)

 「4Dマテリアル・システム」という新しい概念について、工学、医学、化学、生物学、物理学の専門家が討議する初の国際会議が山形大学工学部(山形県米沢市)を主会場に26~30日、開かれる。ノーベル賞の有力…[続きを読む]

光化学をコトバンクで調べる

注目コンテンツ