メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

児童虐待

写真

小さないのち 連載「児相の現場から」(2016/12/13~)

児童相談所(児相)は、児童虐待への対応の中核を担う行政機関だ。虐待事件のたびに批判の矢面に立たされる児相だが、その内実はほとんど知られていない。西日本のある児相への取材にもとづき、虐待対応の最前線に迫った。[続きを読む]

心の傷と向き合って

児童虐待を巡る統計など

子ども・親子関係の記事はこちらでも

関連キーワード

  • 児童虐待(2010年12月16日 朝刊)

    保護者が子どもの心身を傷つけること。身体的な暴行のほか、わいせつ行為、著しい食事制限や長時間の放置などの育児放棄(ネグレクト)、心に傷を与える言動なども含まれる。厚生労働省によると、全国の児相の相談対応件数は2009年度に4万4210件あり、10年前の約4倍。08年度の虐待による死亡例は107件の128人に上る。0歳児や「望まない妊娠」による虐待死が多い。児童虐待防止法では、虐待に気づいた人は児相や市区町村に通告する義務があり、伝えた人のプライバシーは守られることが定められている。

  • 県内の児童虐待などの現状(2009年02月27日 朝刊)

    県こども家庭課によると、07年度に児童相談所に寄せられた児童虐待の相談件数は196件で前年度を27件下回った。身体への暴力などは72件。保護の怠慢や拒否(ネグレクト)も同数だった。全国の07年度の相談件数は4万618件と過去最多だった。また、県警生活安全企画課によると、08年に県内で発生した子どもへの声かけ事案の発生件数は113件で、前年を32件上回った。

  • 児童虐待発見時の通告義務(2009年04月24日 夕刊)

    大阪府岸和田市で03年に中学3年の男子生徒が父親と内縁の妻に虐待された事件を機に、04年施行の改正児童虐待防止法で虐待発見時の通告義務が強化された。学校や近隣住民らが「虐待を受けた児童」だけでなく「虐待を受けたと思われる児童」を発見した場合も、児童相談所へ通告する義務がある。ただし義務に反しても罰則はない。

最新ニュース

写真・図版

子どもの悩みや不安、タブレットで相談 福岡市(2022/7/7)

 日々の生活で悩みや不安を抱える子どもが、タブレット端末を使って専門員に相談できる取り組みを、福岡市が19日から始める。対象となるのは市立の小中学校、高校、特別支援学校の児童・生徒で、市内の約12万7…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】米国・ハワイの島巡り

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&w】吉田拓郎さんへのアンサー

    篠原ともえ アイデアのありか

  • 写真

    【&Travel】こちらも大坂城石垣の故郷

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】手塚治虫文化賞選考の裏側

    朝日新聞記者が見た熱い議論

  • 写真

    【&w】海洋汚染を親子で考える絵本

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日小説家という実験室の探求

    村田沙耶香の新刊「信仰」

  • 写真

    論座「気候クラブ」議論に関与を

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま見たい海外ドラマ!

    『クイーンズ・ギャンビット』

  • 写真

    Aging Gracefully内田有紀さんインタビュー

    日々大切にしていることとは

  • 写真

    GLOBE+「ここで子を持ちたくない」

    脱出を考える中国の若者たち

  • 写真

    sippo元保護猫のきょうだい猫

    すくすく成長ずっと仲良し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ