メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

児童養護施設

関連キーワード

  • 児童養護施設(2018年12月12日 夕刊)

    虐待や親の病気といった理由から、家庭で暮らせない子どもを養育する。児童福祉法に基づき都道府県などが設置。全国約600カ所に2万6千人が暮らす。

  • 児童養護施設(2016年11月25日 朝刊)

    虐待や死別、貧困などで親が育てられない子どもを入所させ、公的責任で保護・養育する。県内には5施設。かつては孤児院と呼ばれたが、近年は虐待が原因の子どもが増えている。施設にいられるのは原則18歳未満。頼れる人がないまま社会に出て、困窮に陥る若者も多い。アパートの保証人などの問題もある。児童福祉法を改正して、施設の対象年齢を20歳未満まで引き上げる議論もあったが、今年の通常国会では見送られた。

  • 児童養護施設の心理担当職員(2009年01月24日 朝刊)

    99年以降、被虐待児が10人以上いるなど一定の基準を満たすと、心理療法担当の職員の人件費を国と県が半分ずつ負担する。現在、県内の22児童養護施設に計38人(08年4月)の臨床心理士がいる。心理的ケアを受けている子どもの数は、心理士1人につき平均12人。心理士がいない施設がある一方、あゆみ学園のように、2人配置している施設もある。2人目以上の人件費は原則施設が負担する。

最新ニュース

写真・図版

茨城)那珂の障害者施設暴行事件、識者らに聞く(2020/7/9)会員記事

 茨城県那珂市の障害者施設で男性幹部が知的障害の利用者に暴行を加えた事件。施設職員らによる虐待は全国で繰り返されてきた。なぜ今もなくならないのか、「支援」と「虐待」の境界は――。識者と現場で働く人に聞…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ