メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

児童養護施設

関連キーワード

  • 児童養護施設(2018年03月28日 夕刊)

    虐待や死別、貧困などで保護者が育てられない18歳未満の子ども(原則)が暮らす。2017年3月末現在、全国615カ所に約2万6千人いる。施設を出るなどした若者たちを支援する自立援助ホームは全国に143カ所(2月1日現在)。国は19年度までに190カ所に増やす目標を掲げる。

  • 児童養護施設(2016年11月25日 朝刊)

    虐待や死別、貧困などで親が育てられない子どもを入所させ、公的責任で保護・養育する。県内には5施設。かつては孤児院と呼ばれたが、近年は虐待が原因の子どもが増えている。施設にいられるのは原則18歳未満。頼れる人がないまま社会に出て、困窮に陥る若者も多い。アパートの保証人などの問題もある。児童福祉法を改正して、施設の対象年齢を20歳未満まで引き上げる議論もあったが、今年の通常国会では見送られた。

  • 児童養護施設の心理担当職員(2009年01月24日 朝刊)

    99年以降、被虐待児が10人以上いるなど一定の基準を満たすと、心理療法担当の職員の人件費を国と県が半分ずつ負担する。現在、県内の22児童養護施設に計38人(08年4月)の臨床心理士がいる。心理的ケアを受けている子どもの数は、心理士1人につき平均12人。心理士がいない施設がある一方、あゆみ学園のように、2人配置している施設もある。2人目以上の人件費は原則施設が負担する。

最新ニュース

社会のリーダーと障がい者が一緒に働き方を考えるプロジェクト 「LIVES TOKYO 2018」世界を代表する企業のリーダーが集結し、障がい者の未来の可能性について議論しました!(2018/9/18)

認定特定非営利活動法人 ハンズオン東京(本部:東京都港区/代表理事:セオドル[トッド]・ガイルド)は、障がい者が自分自身の力で人生を選択し、社会進出が出来る社会を目指して、障がい者の「就労」を促進する…[続きを読む]

児童養護施設をコトバンクで調べる

注目コンテンツ