メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

入国審査

関連キーワード

  • 入国審査の自動化(2014年08月03日 朝刊)

    顔写真ではなく、指紋で認証する「自動化ゲート」が成田、羽田、中部、関西の4大空港ですでに導入されている。ただ、昨年の利用者数は約130万人で、4空港から出入国した日本人や利用資格のある外国人の4%にとどまった。指紋の事前登録が必要で、法務省は「抵抗を感じる人も多く、伸び悩んでいる」とみる。顔認証に必要となるIC旅券は06年3月に発行が始まった。旧型旅券の更新が終わる15年度には全ての旅券が対応可能になる。

  • 入国管理局(2009年10月31日 朝刊)

    出入国管理及び難民認定吠入管頬に基づき、出入国管理行政一般を担当する法務省の機関。約3600人の職員のうち、入国審査官が約1700人を占める。東京、大阪、福岡など全国8カ所の地方入国管理局のほか、6カ所の支局、62カ所の出張所などがある。主な業務は外国人の在留管理や不法滞在者の退去強制、難民認定、外国人登録など。管内に外国便が発着する空港などがない出張所は、基本的に在留資格を持つ外国人の在留管理のみを担当している。

  • 特別永住資格(2012年12月07日 夕刊)

    終戦前から日本に居住し、サンフランシスコ講和条約の発効(1952年)で日本国籍を失った在日韓国・朝鮮人とその子孫に対して認められた永住許可。入国審査時の顔写真撮影や指紋採取が省かれるなど「一般永住資格」とは違った扱いを受ける。前身は66年に在日韓国人に認められた「協定永住」と82年に在日朝鮮人に認められた「特例永住」の資格。昨年末時点の特別永住者は約38万9千人。

最新ニュース

写真・図版

「帰りたくない」と逃走 空港の駐機場に侵入容疑で逮捕(2019/10/4)

 成田空港の駐機場に許可なく立ち入ったとして、千葉県警成田国際空港署は3日、航空法違反の疑いで、タイ国籍の自称清掃員ジャッガポン・ポンセナー容疑者(34)を逮捕し、発表した。入国を拒否されて帰国便に乗…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ