メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

八幡西区

関連キーワード

  • 北九州市議選の偽投票用紙事件(2010年04月08日 朝刊)

    昨年2月1日の開票作業で、メモ用紙のような偽の投票用紙が計66枚見つかった。内訳は小倉南区27枚、小倉北区20枚、戸畑区12枚、門司区3枚、八幡東区、八幡西区各2枚。投票総数は実際に投票した人数と比べて小倉北区で35票、戸畑区で1票上回っていた。県警は偽の用紙を入れる代わりに本物の用紙を持ち帰ったとみて捜査を進め、小倉北区に立候補して落選した山田被告や選対幹部ら9人を詐欺容疑や公職選挙法違反容疑で逮捕した。ほかに投票用紙持ち帰りの実行役など47人が書類送検された(起訴猶予)。山田被告以外に逮捕・起訴された8人は有罪が確定した。

  • 八幡大空襲(2017年08月07日 夕刊)

    1945年8月8日、旧八幡市(現北九州市八幡東区、八幡西区)に221機の米爆撃機B29が1300トンの焼夷(しょうい)弾を落とし、2500人が死傷した。空襲による火災の煙が翌日も上空にたちこめ、原爆の投下目標が小倉から長崎に変更される要因になったともいわれる。

  • 八幡大空襲(2017年08月07日 夕刊)

    1945年8月8日、旧八幡市(現北九州市八幡東区、八幡西区)に221機の米爆撃機B29が1300トンの焼夷(しょうい)弾を落とし、2500人が死傷した。空襲による火災の煙が翌日も上空にたちこめ、原爆の投下目標が小倉から長崎に変更される要因になったともいわれる。

最新ニュース

写真・図版

逆走の自衛官、危険運転致傷容疑で逮捕 6人が重軽傷(2021/1/5)

 乗用車を逆走させて対向車3台が絡む事故を起こし、6人に重軽傷を負わせたとして、福岡県警は5日、佐賀県吉野ケ里町立野、陸上自衛官矢野裕太郎容疑者(26)を自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の疑い…[続きを読む]

八幡西区をコトバンクで調べる

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ