メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

八日市

関連キーワード

  • 陸軍八日市飛行場(2014年08月16日 朝刊)

    1915年、八日市町(現在の東近江市)の沖野ケ原に国内初の本格的な民間飛行場として誕生。その後、陸軍航空第3大隊を誘致し、陸軍飛行場になった。航空隊は改編を繰り返し、太平洋戦争が始まってからは偵察機や練習機のほか、戦闘帰爆撃機があった時期もある。特攻隊の訓練基地としても使われた。現在は、米軍の空襲から飛行機を守るためにつくられた「掩体壕」などが残る。

  • 東近江大凧まつり(2015年06月01日 朝刊)

    江戸時代中期に男子の出生を祝い、5月の節句にこいのぼりと同じように揚げられたのが始まりとされる。1993年に「近江八日市の大凧揚げ習俗」として、国選択無形民俗文化財に選ばれた。昨年は約4万人が参加。大凧は3年に1度新調され、墜落した凧は昨年、東近江大凧会館の東近江大凧保存会の会員がつくった。

最新ニュース

写真・図版

滋賀)世界のおもちゃ一堂に 東近江大凧会館(2019/8/16)有料会員限定記事

 滋賀県東近江市八日市東本町の世界凧(たこ)博物館東近江大凧会館で26日まで、世界中のおもちゃを集めた企画展が開かれている。114の国と地域で遊ばれているけん玉や楽器、民族衣装を着た人形など計約700…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ