メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

公害問題

関連キーワード

  • 地方環境研究所(2009年12月18日 朝刊)

    工場排水や有害化学物質、騒音などの公害を調査したり、地域の環境研究などを手がけたりする機関。現在、都道府県や政令指定都市など計66カ所にある。全国で公害問題が深刻化した1960年代後半から70年代にかけ、各地の自治体で設立された。近年では、外来生物や自然環境の調査なども手がけるようになっている。名古屋市は旧公害研究所として71年に発足、92年に現在の名称になった。職員数は29人。

最新ニュース

新型コロナ、国家指導者の政治哲学によって人々の生死が左右される(2020/4/11)

公共善の重要性を再認識すべき時 前稿で紹介した政治哲学の仮想の議論からもわかるように、新型コロナウイルスの問題に対処するためには、コミュニタリアニズムの議論がもっとも適切だと筆者は考える。その最大の理…[続きを読む]

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ